CLUB jP STYLE
MENU

子犬・子猫との生活ビギナーズガイド わが家に子猫がやってきた!

  • 子犬TOP
  • 子猫TOP
  • ビギナーズガイドTOP
初めてのネコちゃんとの生活、何から始めたらいいのでしょう??これからも続くネコちゃんとの楽しい毎日のために、今おさえておきたいポイントをまとめました。さあ、ビギナーズのみなさん、要チェック!

OK&NG.4 家中を「爪とぎ場」にさせないために

あっちでガリガリ、こっちでガリガリ、気づけば家中がぼろぼろ…!そんなことにならないように、決まった場所での爪とぎ、これはぜひ、子猫に覚えてもらいたいことのひとつですね。※日本では「爪とぎ」と表現されますが、この行動を「爪をといでいる」と考えるのは誤解なのだとか。海外では、ひっかいてしるしをつける「マーキング行動」の1つと考えるのが正しいとされています。
ここがポイント! 定期的に爪を切る
前足の爪を切っておくと、被害を最小限におさえることができます。1ヶ月に1回程度、爪の先端の針のように鋭い部分だけを切っておきましょう。
ここがポイント! 爪とぎ場所を教える
まず、爪とぎをしてもよい場所を教えましょう。他の場所をひっかこうとしたら、すぐに爪とぎをセットした場所へ連れて行き、両前足を持って爪をとぐ真似をし、教え込みます。このトレーニングによって、爪あとをつけるだけでなく、猫の足の裏のにおいをこすりつけるマーキング行動にもなり、爪をひっかいてもよい場所をにおいで認識する効果があるようです。
ここがポイント! 違うところで爪とぎしたら、大声で注意する
家具や壁など、してはいけない場所で爪とぎを始めたら、「そこはダメ!」と少し大きな声で注意し、爪とぎをセットした場所に連れて行ってトレーニングします。注意するときに、叩くのは厳禁。子猫に恐怖心を与えてしまい、逆効果になるので、大声だけで十分です。
ここがポイント! 爪とぎできない環境づくり
子猫が爪とぎ器以外の場所を気に入ってしまった場合は、爪をとぐ気にならないような工夫が必要。爪とぎをされると困る場所には、その場所に猫が近づけないよう、植木鉢を置いたり、透明なプラスチック板を両面テープで貼りつけてカバーしたり、爪のささりにくいツルツルしたものを立てたりして防いでおきましょう。
子犬・子猫との生活ビギナーズガイド わが家に子犬がやってきた!
PAGE TOP
日清製粉グループ 日清ペットフードHOME

Copyright (C) Nisshin Pet Food Inc. All Right Reserved.