幼猫用フードを選ぶ

子猫は生後約1年で成猫になります。幼猫期は骨格や筋肉、内臓など、健康な体を作るための大切な成長期であり、栄養価の高い食事が必要です。

●子猫は成猫の3倍のエネルギーが必要

猫は性成熟を迎える生後6カ月で成猫の体重の75%くらいに達し、約1年で成猫になります。成長期には、たとえば、生後2ヶ月の子猫が体重1kg当たり成猫の約3倍のエネルギーを要するように、たくさんのエネルギーが必要です。丈夫な体の土台を作る大切な時期ですから、カロリーはもちろん、成長期に必要な栄養素をバランスよく含んだ「幼猫用」のフードを与えるようにしましょう。