肥満のチェック

7歳は人で言えば中年期、基礎代謝が低下し、太りやすくなる時期です。肥満は健康の大敵。定期的な体重測定や体型チェックで、肥満の兆しを見逃さないようにしましょう(ただし、去勢避妊手術を1歳未満で行っている場合は、成猫期の早い段階から肥満予防対策を行うことも必要)。

●適正体重を15%以上オーバーしたら危険サイン

一般的に、成長が一段落して成猫になった1歳の頃の体重がその猫の適正体重だと言われています。適正体重から15%以上オーバーしたら肥満です。

●体を触って脂肪のつき具合をチェック

愛猫の体を触って脂肪のつき具合を確認するのは、家庭でも簡単にできるチェック法です。

【背骨と肋骨】

背骨と肋骨を触って、骨の数がなんとなく数えられるくらいが標準。脂肪が厚くて数えられなければ太りすぎ。

【腹部ひだ】

後ろ足の付け根の部分が薄くてつまめれば標準。お腹に脂肪がついてひだに余裕がなければ太りすぎ。

【下腹部】

下腹の脂肪がつかめるかどうか。お腹が引き締まっていてつまめないのが標準。軽くつまめる程度でも肥満気味。