適切な食事選び

消化しやすい良質のタンパク質が含まれたフードを選びます。

●腎臓への負担を減らす気配りを

猫の内臓機能や代謝機能は年齢とともに低下しますが、肉食動物である猫の食事は、シニア期に入っても高タンパクのものが求められてきます。ただ、腎機能が衰えて正常に働かなくなってくると、タンパク質やリンは腎臓に負担をかけることも。けれども、タンパク質は、猫の体を維持するために不可欠ですので、消化しやすい良質なタンパク質が含まれたフードを与えるようにしましょう。特に、猫の必須アミノ酸のひとつであるタウリンは、肝臓の機能を高めたり、心臓の機能を強化させたりする働きがある重要な栄養素。不足しないように気を配りましょう。