シニア期の健康チェックポイント

7〜10歳は「シニア」と呼ぶにはまだ早い年齢ですが、少しずつ老化のサインが現れます。自然な老化現象のこともあれば、陰に病気が潜んでいることもあるので、なんでも「年のせい」にするのは考えもの。猫の様子を日頃からしっかりチェックし、気になることがあれば、動物病院に相談しましょう。

【目】目の輝きがだんだんなくなってくる。眼球が白っぽく濁ってきて、白内障になることもある。

【毛】毛づやが悪くなってぱさついてくる。徐々に白髪が出てくる。

【歯】デンタルケアを十分に行っていないと、歯石がたまって口臭がきつくなったり、歯周病になったりする。歯が抜けることもある。

【耳】耳が遠くなり、呼びかけや音への反応が鈍くなる。

【爪】爪研ぎをあまりしなくなるので爪が伸び、さやに収まらなくなる。古い爪がはがれにくくなり、形がいびつになってくる。色も透明や白からクリーム色っぽくなる。

【足腰】前足の関節がエックス脚のように外側へ広がってくる。

【体型】筋肉が衰え、脂肪が増えて太ってくる。全体的にたるんでくる。

【行動】動作がゆっくりと鈍くなり、不活発になる。寝ている時間が長くなる。毛づくろいをあまりしなくなる。