少量でも高栄養な食事

ハイシニア期の食事管理は、肥満予防よりも「体重減少」が課題になってきます。

●少量でも消化吸収に優れた食事を

ハイシニア期の猫はだんだん食が細くなってやせてくる傾向があります。消化機能も低下してくるので、11歳以上の猫には消化吸収性に優れ、少量でも効率よく栄養が摂取できる食事が求められます。
消化器官に負担のかかる脂質が控えめで、良質なタンパク質を豊富に含み、高齢猫に必要な栄養素をバランスよく含むフードを選びましょう。急激に体重が減ることがないよう、体重維持を意識してください。

●新鮮な水をたっぷり用意

腎機能が低下しているハイシニア期の猫は、水を飲む量がかなり増えます。新鮮な水がいつでも自由に飲めるようにしておきましょう。