遊びで適度な運動を

年を取ると寝ている時間が長くなり、あまり動きたがらなくなりますが、心と体の健康のために高齢猫にも遊びの時間を設けましょう。

●猫はいくつになっても遊び好き

猫の遊びの基本となっている狩猟本能は年をとっても失うことはありません。年をとって遊ばなくなったという飼い主さんが多いのですが、それは「オトナになったからもう遊ばないだろう」という思い込みに過ぎません。猫は好奇心の強い動物なので、遊ばせ方を工夫すればいくつになっても無邪気に遊びます。気分転換と適度な運動で若さを保つために、高齢猫の生活にも適度な遊びを取り入れましょう。

●遊びは足腰に負担をかけない場所で

加齢とともに関節や筋力は衰えています。とんだり跳ねたり、激しく遊びすぎて足腰を傷めることのないよう、カーペットやコルクマットなどのすべりにくいところで遊ばせましょう。