幼犬用フードを選ぶ

子犬の成長スピードは速く、約1年(大型犬は1年半)で成犬になります。この短い期間に、骨格や筋肉、内臓などの体組織をつくり上げるため、しっかり栄養設計された食事が必要です。

●子犬は成犬の約2倍のエネルギーが必要

子犬は体重当たり成犬の約2倍のエネルギーを要します。高栄養で、成長期に必要な栄養素をバランス良く含んだ「幼犬用」フードを選んでください。 「成犬用」フードのスペックと比べると、カロリーはもちろん、脂質、タンパク質、ミネラルなどの各栄養素が成犬用より高い数値であることが確認できるはず。愛犬の一生の健康を左右する大切な体づくりの時期ですから、食事選びには十分気を配りましょう。