幼犬用フードを選ぶ

成犬の食事回数は1日2回が一般的ですが、子犬の場合は、もっと回数を多く、小分けにして与えましょう。

●1日4回から始めて、徐々に回数を少なく

子犬は消化機能が未熟で一度にたくさん食べられません。また食事間隔があきすぎると、低血糖で元気がなくなったり、空腹から胃液を吐くことも。2〜3カ月の子犬を迎えたら、最初は1日4回をめやすに。4カ月になれば3回、6カ月を過ぎて体の急激な成長が落ち着けば2回にしても大丈夫でしょう。