シニア用フードへの切り替え

人に中年太りがあるように、シニア期には犬も太りやすくなります。肥満予防のために食事への注意が必要です。

●体重コントロールを意識した食生活へ

若く見えても、活動量も基礎代謝も確実に低下してきます。成犬期と同じ食生活を送っていると、肥満する可能性が。7歳前後になれば、「シニア用」フードへの切り替えをおすすめします。シニア用フードは、脂質やカロリーが抑えられているほか、年齢とともに不足しがちな栄養成分が補給されており、年齢に合った栄養管理を助けてくれます。