生活環境(床材・段差など)の見直し

シニア期になると、太りやすくなるとともに足腰の筋力も衰えてきて、関節疾患を発症しやすくなります。生活環境を見直して、愛犬の足腰の健康を守りましょう。

●フローリングには滑り止めを

滑りやすい床は犬の足腰に大きな負担をかけます。おすすめの床材は、滑りにくくメンテナンスのしやすいクッションフロアやタイルカーペットなど。もしフローリングの場合は、滑り止めワックスを塗ったり、カーペットを敷くなら爪が引っかかりにくい毛足の短いものを。

●段差の上り下りは関節の負担に

年齢とともに関節のクッション機能が低下し、段差の上り下りやソファへのジャンプなどは、愛犬の関節を痛める原因になりかねません。日常生活のなかで、急な段差の上り下りや無理なジャンプはさせないようにしましょう。必要に応じて踏み台やスロープなどの利用も。