-目に見えない不安を、おいしい顔に変えるために- 日清ペットフード「安心・安全」のつくり方

私たち日清ペットフードは、安全で高品質なペットフードをお届けするために、製品の開発、原材料の調達、工場での生産、
さらにできあがった製品の輸送・保管にいたるまで、ペットフードづくりの各ステップで、何重にもわたる安全性の検査・確認を行い、
安全の確保に全力で取り組んでいます。

  • STEP01 開発・研究
  • STEP02 原材料調達
  • STEP03 工場での生産
  • STEP04 輸送・保管
  • STEP05 飼い主さまの安心のために

STEP01

開発・研究における取り組み

新たに製品を設計するときには、開発・研究部門内でさまざまな調査・分析を行って、安全性を確認します。

那須研究所で新製品を試作し、
栄養成分などを厳密にチェック

新たに製品を開発する際、那須研究所では、原材料の生産地や加工工程などが記載された原材料規格書と原材料サンプルを照らし合わせて安全性を確認します。また、新製品のアイデアを実際にカタチにした、プロトタイプ(試作品)で栄養成分を分析したり、総合栄養食としての条件を満たしているかを検査します。

犬・猫とともに進められる
ペットフードの製品開発

プロトタイプ(試作品)は、那須研究所で飼育されている犬や猫の成長ステージにあわせて、6ヵ月にわたる給与試験を行い、嗜好性はもちろん、血液検査や体重の増減などもくわしく調べられます。また、賞味期限を超える一定期間保存し、成分や品質に劣化がないかを分析。パッケージ表記についても適正かどうかをチェックします。

STEP02

原材料調達における取り組み

製品化される前に、日清製粉グループ本社の「QE(Quality Exam.)センター」で、使用する原材料の安全性審査を行います。

ISO17025認証取得のQEセンター。
食品と同様に安全確認を実施

残留農薬分析では食品メーカーとして初めて、分析機関の検査能力に関する国際規格であるISO17025の認証を取得した日清製粉グループのQEセンター。国際的に認められた、食品および飼料に残留する農薬成分を分析する試験技術を駆使して、人間用の食品と同様に、私たちの製品に使用される原材料も厳密に分析されています。

製品化されるまで安全性を
徹底的に追及します

原材料の安全性のほかにも、製品内容、パッケージ表示や賞味期限など、那須研究所で分析・確認した結果を、さらにQEセンターでチェック。また、総合栄養食としての条件を満たしているかも再確認します。ひとつでも問題が見つかれば、製品化されることはありません。審査に合格してはじめて、飼い主さまのお手元に製品をお届けできるのです。

STEP03

工場での生産における取り組み

QEセンターでの安全確認が完了すると鶴見工場での生産へ。すべての生産工程で、「食の安全」確保に徹底して取り組んでいます。

ISO9001認証取得の鶴見工場。
何度も繰り返される安全確認

鶴見工場では、国際認定規格であるISO9001(品質マネジメントシステム)を取得し、安全管理のルールを確立。何よりもまず、ペットフードが安全につくられることを第一に考えて、プラントの設計から原材料の受け入れ、配合・粉砕、造粒、包装まで、すべての工程において何度もチェックを重ね、製品の安全確保に努めています。

製品発売後もなお続けられる
社内外での安全性検査

製品発売後もなお、定期的に製品・原材料の安全性検査が行われます。QEセンターにおいて原材料の微生物、残留農薬、重金属、遺伝子分析など、人間用の食品と同様に、安全性を検査します。また、製品についても、外部分析機関でも有害物質のモニタリング検査、および栄養成分分析を定期的に実施するなど、発売後も安全確保の徹底を図っています。

STEP04

輸送・保管における取り組み

できあがった製品が飼い主さまのお手元に届くまでが私たちの務め。輸送・保管段階での品質・衛生管理も怠りません。

輸送・保管時にも光る厳しい
安全管理のまなざし

製品の輸送トラック・コンテナの内部の状態を、積荷前に確認します。また、出荷までに製品を保管する倉庫内においても、定期的に衛生管理状況を確認。製品が安全に輸送・保管されるよう、繰り返しチェックを行います。

万全のトレーサビリティ体制で
ロットごとに出荷先などを把握

万一のトラブルに備えて、最終出荷判定が下された製品を各ロットから抜き取り、一定期間保存します。また、出荷後の製品の足取りを確認できるよう、出荷先やロット番号などを基幹システムに入力。ロットごとに、原材料や出荷先などの情報を、迅速かつ確実にトレースできる体制を整えています。

STEP05

飼い主さまの安心を確かなものに

より確かな「安心」をお届けするために、飼い主さまからの声を真摯に受け止め、誠実に対応するための取り組みを行っています。

飼い主さまの声は私たちの宝。
お客様相談室での対話を大切に

大切な家族の一員である愛犬・愛猫とご家族のしあわせを応援するために、飼い主さまからの製品に対するご意見・ご提案や、愛犬・愛猫との暮らしに関するご質問・ご相談をお受けするホットラインとして「お客様相談室」を設置。専門スタッフが対応し、飼い主さまからのご意見などを開発や製造の現場へと伝えることで、より良い製品開発や品質管理に活かしています。