日清ペットフード ものづくりへのこだわり

01.原料へのこだわり02.製法へのこだわり03.包装へのこだわり

01.日清製粉グループの総合力が守りつづける、愛犬・愛猫の食の安心 原料へのこだわり

人間が食べる食品と同様に安全性をチェック

原材料の安全性確保は、愛犬・愛猫の食の安心の基本。まず新製品設計時に、日清ペットフード那須研究所で安全性を確認。製品化前には、日清製粉グループ本社「QEセンター (Quality Exam. Center)」で、残留農薬、微生物、遺伝子組み替えに関する分析などの検査を実施します。

また、ワンランク上の安心を求めて、「ジェーピースタイル」では主原料に国産素材を使用。スナックシリーズ「国産鶏ささみ」は、国内の指定農場で飼育された銘柄鶏を使用するなど、国産プレミアムフードとして独自性を追求しています。

QEセンター

残留農薬分析では食品メーカーとして初めて、試験所の検査能力に関する国際規格であるISO17025の認定を取得。日清製粉グループが使用する原材料の安全性を審査する専門機関です。

QEセンター詳細
QEセンター
QEセンター内の画像QEセンター内の画像
page top

02.おいしさや健康への配慮は、日清ペットフード独自の製法からはじまります 製法へのこだわり

独自製法がベースとなって生まれる商品の数々

主食であるドライフード、セミモイストフードからスナックに至るまで、日清ペットフードでは、製法にこだわり、独自性の高いさまざまな商品をお客様へお届けしています。

まず、日清製粉グループ独自の技術により実現した「微粉砕原料」は、 ほぼすべてのドライフード商品に用いられている根幹をなす製法。 通常の粒子の約1/3までの細かさにすりつぶすことで、抜群の消化吸収性を誇ります。
特許取得:第4422263号

微粉砕原料・通常粒子

その他にも、さまざまな形で独自性を追求した商品が誕生しています。

食の安全・安心を追究

より安心して食べさせられるように 粒の色づけへの配慮

より安心していただけるよう、「ジェーピースタイル」では着色料不使用としています。また、「いぬのしあわせ」では、着色料を使用せず原料がもつ自然な色合いに仕上げています。

素材のよさを活かすために 保存料不使用

一般的に品質保持のために必要な添加物が使用される場合が多い、セミモイストタイプのフードやスナック。レトルト殺菌加工やバリア性の高い包装をすることで、品質を保持し、保存料を不使用にしました。

飽きのこないおいしさを追究

練り込む&まぶす パウダーの活用

愛犬・愛猫が喜ぶ、風味豊かなおいしさをつくりだすために、ミルクパウダーや小魚パウダーをまぶしています。さらに、「いぬのしあわせ中粒、小粒」では、チーズパウダーや小魚パウダーを練り込むことで、おいしさをより高めています。

愛犬・愛猫好みのパウダーでよろこびの味わい
素材感と薫り立つ風味が魅力 練り込み粒

通常の粒よりも風味を高め、愛犬・愛猫の食欲をアップさせるよう、細かく砕いた原料に素材のかたまりを混ぜています。ドッグフードでは牛肉やにんじんな ど、キャットフードではまぐろ節などが練り込まれています。

やわらか練り込み粒

粒の水分値を調整することで絶妙なやわらかさを実現。 さらに、ビーフやささみなど練り込み、少食・偏食の愛犬も満足いただける粒に仕上げました。

やわらか練り込み粒 イメージ
旨味の層に包まれた グルメボール

玄米を中心に、シーフードの旨味を一層一層ていねいに重ねた「グルメボール」。カリカリした食感とともに、薫り立つ風味と味わいが、お口の中に広がります。

グルメボール イメージ図
愛犬・愛猫の食欲をそそる トッピング

フードそのもののおいしさをより高めるために、愛犬・愛猫が大好きな素材を吟味してトッピング。「いぬのしあわせ プッチーヌ」では3種類の素材を添えているほか、「懐石zeppin」ではワンランク上の味わいを求めて、国産素材を使用しています。

健康への配慮を追究

毎日の食事で健康な歯を守る 歯みがき粒

デイリーケアに加えて、食事で歯の健康維持をサポートするために、噛むときに粒の凹凸が歯にあたりやすい、特殊な形状“H型”にしています。

H型の凹凸が歯にあたることで歯の健康をサポート
那須研究所の獣医師が開発 歯みがきガム

歯垢や歯石の付着に配慮して、特殊形状のギザギザカットにしました。さらに、おいしさと消化吸収性に配慮して、主原料に国産の「米粉」と「豚皮」を使用。

ギザギザカットで歯垢や歯石の付着に配慮
page top

03.つくりたてのおいしさや品質を守る気配りも、徹底的に追求します 包装へのこだわり

つくりたてのおいしさを守り、使い勝手のよさにも配慮

日清ペットフードでは、ドライフードを神奈川県にある鶴見工場で製造。長期輸送の必要がなく、つくりたてのおいしさをお客様にお届けしています。その風味や品質をできる限り保ち、飼い主さまが愛犬・愛猫に安心して食べさせてあげられるように、包装へのきめ細やかな配慮も怠りません。

おいしさを守る工夫

脱酸素剤画像
小分けパック

日清ペットフード商品のほとんどに採用されている「小分けパック」は、一袋にパックされたフードに比べ、食べる分だけを使うことができるため、いつでも作りたての風味が保たれます。

小分けパック画像
アルミ蒸着フィルム

アルミ蒸着フィルムは光を通しにくいため、紙やポリ袋のパッケージに比べ、工場を出荷した後の、フードの劣化に配慮されています。

アルミ蒸着 フィルム アップ画像

使いやすさの工夫

クイックピール蓋

通常の缶詰より簡単に開けることができる「クイックピール蓋」。開ける際や中身を取り出す際にケガをしないよう配慮されており、ユーザーにやさしい安心パッケージです。

クイックピール蓋