LIFE20
LIFE20

LIFE20の健康ケア

LIFE20の健康ケア

LIFE20

「LIFE20」犬の研究レポート

γ-オリザノール配合フードと基本配合フードでの被毛の光沢度回復率の比較

γ-オリザノール配合フード給与で、被毛の光沢度回復率がアップ

基本配合フードにγ-オリザノールを含む米胚芽油を添加したフードを犬(試験群)に給与し、脱脂後の被毛の光沢度を測定したところ、基本配合フードを給与した犬(対照群)に比べ、脂質の分泌が促進され、被毛の光沢度回復率が上昇することが確認されました。

γ-オリザノール配合フードと基本配合フードでの被毛の光沢度回復率の比較

β-グルカン給与時の血清免疫グロブソンA(IgA)濃度の推移

β-グルカン配合フード給与で、血清中IgA濃度が上昇

主にキノコ類やパン酵母の細胞壁に含まれているβ−グルカンを配合したフードの給与によって、血清中の局所免疫に関与する免疫グロブリンA(IgA)の上昇が確認されました。

※免疫グロブリンA(IgA):初乳に多く含まれる分泌型免疫グロブリン
β-グルカン給与時の血清免疫グロブソンA(IgA)濃度の推移

マルチビタミン配合フード給与前後の血中ビタミン濃度の推移

マルチビタミン配合フード給与でビタミンを確実に補給

対象フードを給与中の犬に、マルチビタミン配合フードを給与すると、血中ビタミン濃度が上昇し、対象フードに戻すと低下する傾向が見られました。このことから、フードにマルチビタミンを配合することで、確実に体内に摂りこまれることがわかります。
また、同じビタミン量を配合したフードを給与した場合、7歳未満よりも7歳以上で血中濃度の上昇度合いが高いことが確認されました。これは、7歳以上の犬は7歳未満の犬に比べ、ビタミン要求量が多いことを示しています。

マルチビタミン配合フード給与前後の血中ビタミン濃度の推移

アンセリンを含む魚肉抽出物給与による運動後の心拍数の推移

アンセリンを含む魚肉抽出物給与で、運動後の心拍数上昇を抑制

アンセリンを含む魚肉抽出物を給与してから運動させた場合、心拍数の上昇が有意に抑えられました。

※アンセリンはマグロ、カツオなど、長距離を高速で泳ぐ回遊魚などの筋肉中に多く分布するペプチドです。
アンセリンを含む魚肉抽出物給与による運動後の心拍数の推移

微粉砕原料使用フードと通常粉砕原料使用フードでの消化吸収率と排泄物量の比較

微粉砕原料(特許取得 第4422263号)使用で、消化率アップ&便の量ダウン

日清製粉グループ独自の製法である、微粉砕原料(通常の粒子の約1/3までの細かさにすりつぶした原料)を使用した製品を給与すると、通常粉砕の製品と比較して、消化吸収率が2%上昇し、糞量が10%減少しました。

※この研究結果は一部の商品に反映されております。
微粉砕原料使用フードと通常粉砕原料使用フードでの消化吸収率と排泄物量の比較

H型歯みがき粒給与前後での歯垢付着状態の比較

H型の歯みがき粒で、歯垢がつきにくく

通常の丸型粒を給与したときよりも、"H型"の歯みがき粒を給与したときの方が歯垢がよく落ちました。このことから、"H型"の凹凸が噛むときに歯にあたることで、汚れや歯垢をつきにくくしていることがわかります。

※この研究結果は一部の商品に反映されております。
H型歯みがき粒給与前後での歯垢付着状態の比較

CoQ10給与時と中止後の血中CoQ10濃度の推移

フードへの配合で、CoQ10を確実に補給

CoQ10は心臓に多く含まれる補酵素で、加齢とともに低下するため、外部から補う必要があります。CoQ10を配合したフードを給与した後は、CoQ10の血中濃度が上昇し、中止すると血中濃度の低下が見られました。この結果から、フードに配合することで、確実にCoQ10を摂取できることがわかります。

※この研究結果は一部の商品に反映されております。
CoQ10給与時と中止後の血中CoQ10濃度の推移

LIFE20

「LIFE20」猫の研究レポート

フマル酸添加フード給与時の尿pHの推移

フマル酸添加フード給与で、尿pHが低下

フマル酸を添加したフード給与後は、無添加のフードに比べて尿のpHが低下しました。

※7歳未満の成猫に多いストルバイト尿石はpH値が高いほどできやすいといわれています。
フマル酸添加フード給与時の尿pHの推移

微粉砕原料使用フードと通常粉砕原料使用フードでの消化吸収率と排泄物量の比較

微粉砕原料(特許取得 第4422263号)使用で、消化率アップ&便の量ダウン

日清製粉グループ独自の製法である、微粉砕原料(通常の粒子の約1/3までの細かさにすりつぶした原料)を使用した製品を給与すると、通常粉砕の製品と比較して、消化吸収率が3%上昇し、糞量が13%減少しました。
このことから、原料を微粉砕することによって消化が良くなり、お腹への負担が抑えられるとともに、糞の処理量もより少なくなることがわかります。

微粉砕原料使用フードと通常粉砕原料使用フードでの消化吸収率と排泄物量の比較

ユッカ抽出物配合フード給与時の糞便臭測定結果の推移

ユッカ抽出物給与で、糞便臭が低減

アンモニア、硫化水素などの悪臭成分を吸着するユッカ抽出物を添加したフードを給与すると、糞便中の悪臭成分の発生が抑制されました。このことから、糞便臭の低減に効果があると考えられます。

ユッカ抽出物配合フード給与時の糞便臭測定結果の推移