愛猫のハッピーLife百科 愛猫のハッピーLife百科
TOP>食事・栄養>栄養成分編>脂肪酸
食事・栄養 食事・栄養

脂肪酸

【しぼうさん】

脂肪を構成する主な成分。食物から体内に取り入れられた脂肪は、消化酵素によってグリセリンと脂肪酸に分けられ、利用される。

脂肪酸には、「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」があります。
飽和脂肪酸は動物性脂肪に多く含まれ、常温で固体になります。
不飽和脂肪酸は、植物や青魚の中に多く含まれ、常温でも液体のまま固まりません。「善玉の脂肪酸」とも言われ、コレステロールのバランスを保ち、免疫機能、生殖能力、皮膚や被毛の健康などに、大きく作用しています。

不飽和脂肪酸には、オメガ6脂肪酸<リノール酸、γ-リノレン酸、アラキドン酸>、オメガ3脂肪酸<α-リノレン酸、エイコサペンタエン酸(EPA)、ドコサヘキサエン酸(DHA)>、オメガ9脂肪酸<オレイン酸>などがあります。

不飽和脂肪酸と猫の黄色脂肪症

適量の不飽和脂肪酸は健康維持のためにとても有効ですが、酸化・変性しやすいという欠点があります。アジ、サバ、カツオなどの青魚に多く含まれるので、これらの魚ばかりたべている猫では、腹部などの皮下脂肪が酸化・変性して炎症を起こし、「黄色脂肪症(イエローファット)」という病気になることもあります。これは、栄養のかたよりが原因です。酸化を防ぐ働きのあるビタミンEを併せて摂ることが予防になります。

必須脂肪酸

体内で合成できずに食物などから摂る必要がある脂肪酸を、「必須脂肪酸」といいます。犬の必須脂肪酸はリノール酸です。リノール酸はすべての動物が必要とする脂肪酸で、植物油や動物性脂肪の中に多く含まれます。また、猫の必須脂肪酸には、リノール酸のほかにアラキドン酸があります。人や犬は体内でリノール酸からアラキドン酸を合成することができますが、猫は合成することができないため、食べ物から摂る必要があります。アラキドン酸は動物性脂肪の中にしか含まれていません。

商品情報:日清ペットフードの商品のご紹介うちのコお食事バランスチェック:愛猫の食生活をチェックしてみましょう!