愛猫のハッピーLife百科 愛猫のハッピーLife百科
TOP>食事・栄養>栄養成分編>糖質
食事・栄養 食事・栄養

糖質

【とうしつ】

炭水化物の主要な構成成分。「単糖類(ブドウ糖、果糖など)」、「二糖類(ショ糖、乳糖、麦芽糖など)」、「多糖類(でんぷん、グリコーゲンなど)」の3種類に分けられる

糖質は人の場合、効率よく体内に吸収される主要なエネルギー源です。脳や神経、血液、筋肉などはエネルギーとしてブドウ糖を必要としています。

犬や猫にとっても、糖質は必要な栄養素ではありますが、人ほど重要ではありません。犬や猫の主要なエネルギー源は、タンパク質と脂肪であり、人と同じ食事内容で、糖質を中心にエネルギーを得ようとすれば、栄養が偏ってしまいますし、内臓にも負担がかかります。

特に肉食の猫は糖質の消化・吸収能力があまり高くありません。そのせいか、甘党の猫もどちらかといえば少ないようです。雑食性の犬は、糖質を消化する能力も猫よりは優れていますが、糖質からのエネルギー量は総エネルギーの半分以下が好ましいと言われています。

余分な糖質は、体内で中性脂肪となって皮下に蓄えられるため、摂りすぎると肥満の原因となります。

商品情報:日清ペットフードの商品のご紹介うちのコお食事バランスチェック:愛猫の食生活をチェックしてみましょう!