愛猫のハッピーLife百科 愛猫のハッピーLife百科
TOP>食事・栄養>ライフステージ別食事の与え方編>高齢期
食事・栄養 食事・栄養

高齢期

【こうれいき】

個体差はあるが、一般的に、維持期の後期にあたる6〜8歳以降のことを指す。

7歳をすぎた頃から、猫の老化は少しずつはじまります。猫も高齢になると運動量が減り、老化とともに身体機能も衰えてきます。筋肉が衰え、基礎代謝が低下するのに伴い、必要なエネルギー量も20%ほど低下します。しかし、食欲そのものはあまり衰えないため、維持期と同じ食事を与えていては、カロリーオーバーで肥満の原因となったり、内臓に負担がかかります。また、生活習慣による慢性疾患なども、この頃から現れやすくなります。高齢期を快適に、そして少しでも長く過ごすためにも、健康状態に合わせて食事内容を見直すことが肝心です。

商品情報:日清ペットフードの商品のご紹介うちのコお食事バランスチェック:愛猫の食生活をチェックしてみましょう!