愛猫のハッピーLife百科 愛猫のハッピーLife百科
TOP>食事・栄養>ライフステージ別食事の与え方編>妊娠・授乳期
食事・栄養 食事・栄養

妊娠・授乳期

【にんしん・じゅにゅうき】

健康な子猫を出産し育てていくためには、妊娠・授乳中の母猫の食事管理がとても重要です。この時期のメスは、子猫の成長のためにもエネルギーを必要としているため、栄養バランスがよく、エネルギーが十分に摂取できる食事を与える必要があります。妊娠・授乳期用に調整された、高カロリーで消化率の高いフードを利用するのもよいでしょう。これは、子猫用と兼用になっているものもあります。なお、子どもの成長とともに、母親のエネルギー量は徐々に減らしていきます。

妊娠・授乳期の母猫の食事

猫の妊娠期間は約2カ月(平均65日)です。猫は妊娠1週目から母猫の体重が増えはじめ、出産するまで続きます。また、妊娠初期から食欲が旺盛になります。これは、体重の増加とともにエネルギー要求量が増えるために起こるもの。胎児が栄養を求めているためというより、胎児の発育・出産・育児に備えて、母猫が脂肪を蓄えている証だと言えます。妊娠中の栄養は、妊娠前と比較して多く必要となるので、タンパク質35%以上、脂肪18%以上のフードが必要になります。また、授乳期になると、母猫は子猫に母乳を与えるために維持期の2〜3倍のエネルギー量が必要になります。猫はもともと1回の食事量が少ないため、食事回数を多くして栄養補給をするようにします。なお、犬ほどは多くありませんが、猫でもまれに、血中のカルシウムが欠乏して「子癇(全身けいれん)」を起こすことがあります。

商品情報:日清ペットフードの商品のご紹介うちのコお食事バランスチェック:愛猫の食生活をチェックしてみましょう!