愛猫のハッピーLife百科 愛猫のハッピーLife百科
TOP>日常生活>歩き方
日常生活 日常生活

歩き方

【あるきかた】

歩様。自分の足で歩く姿形のこと。

人はかかとを地面につけて足の裏全体で体を支えて歩きますが、犬や猫などの4本の足で歩く動物ではかかとを地面につけないつま先立ちの状態になり、指先で体重を支えて歩きます。このほうが速く走れるので、獲物を一瞬にしてつかまえるのには向いていますが、長距離を走ることには向きません。

猫の歩き方は抜き足差し足

猫は弾力性のある肉球を地面につけて歩きますが、この肉球が足に伝わる衝撃をやわらげるクッションの役割を果たしているため、抜き足差し足忍び足で、音もなく忍び寄ることができるのです。大切な武器である爪は、普段は指のさやの中にしまってあるので、犬のようにカツカツと爪音を立てることもありません。

また、肉球には汗腺があり適度に湿っているので、不安定な場所を歩くときは滑り止めとして活躍します。

歩き方がおかしいとき

足をひきずる、腰がふらふらする、痛がる、歩きたがらないなど、歩き方がおかしいのは、なんらかのトラブルのサインです。関節や骨の異常のほか、まっすぐ歩けずにフラフラしているときは神経や脳の病気も考えられます。

高齢猫では足腰の筋力が衰え、それまでらくらく飛び乗っていた場所へのジャンプを失敗したり、躊躇したりするようになります。

いずれの場合も、歩き方に異常が見られたら、動物病院へ相談しましょう。

商品情報:日清ペットフードの商品のご紹介うちのコお食事バランスチェック:愛猫の食生活をチェックしてみましょう!