愛猫のハッピーLife百科 愛猫のハッピーLife百科
TOP>問題行動・しつけ>不適切な爪とぎ
問題行動・しつけ 問題行動・しつけ

不適切な爪とぎ

【ふてきせつなつめとぎ】

猫が飼い主が用意した爪とぎ用の場所以外で爪をとぐこと。飼い主にとっては迷惑な行為。

猫が爪とぎの場所に選ぶ条件は、爪のひっかかりがよくて、さらに爪痕が残しやすいということ。室内では、柱や壁、木製や籐製の家具、皮革や布製のソファがその標的になりがちです。せっかく爪とぎ器を用意してもそれを使わず、家具やカーペットでといでしまうときは、今ある爪とぎ器に不満があることが考えられます。用意されたものが気に入らないから、好みの場所を自分で見つけているのです。

また、部屋から出してもらいたくて、出入り口のドアなどで爪とぎをすることもあります。

爪とぎは猫の重要な習性なので、完全にやめさせることはできません。とはいえ、爪とぎで部屋中がボロボロになるのも避けたい問題であり、何らかの対策を講じる必要があります。猫の爪とぎ対策として効果的なのは、「防御」と「爪とぎ場所の提供」です。

爪とぎをしてほしくない場所には防御策を

家具や柱などを爪とぎから守るためには、猫が爪をとぎにくくなるように対象物をガードします。爪がひっかかりにくく、すべりやすいところでは爪がとげないので、ソファやベッドはすべりやすい素材の布などでおおい、柱や壁、家具などはプラスチック板を倒れないように立てたり、一時的にアルミホイルなどを貼ったりしてカバーします。

爪とぎ器以外で猫が爪とぎをしているところを現行犯で見つけたら、大きな音や声を立てたり、水鉄砲で水をかけたりして驚かして中断させます。このときに重要なのは、飼い主が驚かせているということを猫に気づかれないようにして、「天罰」だと思わせること。飼い主がやっていることがわかると、飼い主のいないときにするようになったり、「飼い主=嫌な人」と思って敬遠するようになるからです。そこで爪をとぐと不快な天罰が下ることを学習すると、猫もその場所ではしなくなります。

愛猫好みの爪とぎ場所を提供する

爪とぎがまったくできないような環境は猫にとって大きなストレスになるので、猫が思いっきり爪とぎができる場所を必ず確保します。

猫は爪とぎ器の素材や位置などにけっこうこだわりをもっていますので、愛猫が気に入る環境を提供することが重要です。爪とぎ器には、段ボール製、木製、カーペット製、麻布製などさまざまなタイプのものがあるので、いくつか試して愛猫好みのものを見つけましょう。新しい爪とぎ器を用意したら、愛猫の前足を握って軽くこすりつけると、自分のニオイがついて使うようになります。

また、爪とぎ器の置き方にも工夫を。爪とぎの姿勢は、上体を起こして垂直にとぐ猫もいれば、水平に地面をかくような低い姿勢でとぐ猫もいます。愛猫が好む高さに、爪とぎ器がぐらぐらと不安定にならないようにしっかり固定します。寝起きに爪をとぐことも多いので、いつも寝ている場所のそばに置くのも効果的です。

商品情報:日清ペットフードの商品のご紹介うちのコお食事バランスチェック:愛猫の食生活をチェックしてみましょう!