愛猫のハッピーLife百科 愛猫のハッピーLife百科
TOP>病気>猫下部尿路疾患
病気 病気

猫下部尿路疾患

【ねこかぶにょうろしっかん】

膀胱炎、尿石症(膀胱結石、尿路結石)、尿道炎、尿道閉塞など、猫の泌尿器全般に関する病気の総称。FLUTD。猫泌尿器症候群(FUS)とも呼ばれる。

猫下部尿路疾患はオスでもメスでもかかりますが、特にオスでは注意が必要です。オスの尿道は細長く、曲がっている部分もある上、先端も細くなっているので、結石が詰まりやすいからです。肥満になれば尿道が細くなるので、さらに詰まりやすくなります。

尿道に尿石が詰まって尿が出なくなる尿道閉塞になると、急性腎不全から尿毒症を起こして短時間で命を落とすこともあるので、日頃から注意が必要な病気です。

尿石ができる原因

一般的には尿中に含まれる成分が何らかの原因(遺伝や食事内容、飲水量の影響など)で過飽和状態となり、結晶化・析屈化し結石となる場合や、尿路の細菌感染にともなって細菌や炎症によって脱落した上皮細胞が核となって結石形成を誘発する場合などが、主な原因として考えられています。

尿石の種類

一般的にはリン酸アンモニウムマグネシウム(ストルバイト)を主成分とする尿石がもっとも多く見られますが、この他にもシュウ酸カルシウム、尿酸アンモニウム、尿酸などの成分による結石も見られます。

また、猫の尿は通常は弱酸性ですが、飲水量や食事などの影響でアルカリ性や酸性に傾くことがあります。尿がアルカリ性に傾くと、ストルバイトができやすくなりますが、酸性に傾けば今度は「シュウ酸カルシウム」を主成分とした別のタイプの尿石ができやすくなります。

ストルバイト尿石は若い猫に多く、シュウ酸カルシウム尿石は7歳以上の猫に多く見られる傾向にあります。なぜシュウ酸カルシウム尿石が7歳以上に多いのか、はっきりとした原因はまだわかっていません。

最近のキャットフードの多くは、FLUTD/FUS予防に配慮したものになっています。

こんな症状があったら早めに病院へ相談しよう

尿道閉塞が起こると緊急処置をしなければ命を落とすこともある危険な病気がありますが、軽度のうちに発見できれば、薬や処方食で尿石を溶かし、結晶ができにくくなるように尿のpHをコントロールして健康状態を維持していくことが可能です。

次のような症状があったら、早めに動物病院へ連れて行きましょう。

□尿の色がピンクや赤っぽく、血が混ざることもある
□トイレに行く回数が多くなった
□トイレでじっとしていてもなかなか尿が出ない
□トイレ以外の場所で排泄をするようになった
□トイレで力んでいる
□そわそわしていて行動が落ち着かない
□食欲がない、元気がない


1日中尿が出ない、吐き気があってぐったりしているなどの症状があれば、尿毒症のおそれがあるので、早急に動物病院で治療を受けてください。

食事内容と体重の管理で継続的なケアを

猫下部尿路疾患の治療には食事管理が重要になってくるので、獣医師の指示にきちんと従うことが大切です。かつお節や煮干しにもマグネシウムはたくさん含まれるので、尿石ができやすい猫に与えすぎないようにしてください。

また、肥満もこの病気を引き起こす一因になるので、体重管理もしっかり行いましょう。

商品情報:日清ペットフードの商品のご紹介うちのコお食事バランスチェック:愛猫の食生活をチェックしてみましょう!