愛猫のハッピーLife百科 愛猫のハッピーLife百科
TOP>病気>がん
病気 病気

がん

【がん】

遺伝子の変異によって起こる悪性の腫瘍など。猫でも、臓器、血管やリンパ組織、骨組織など、体のありとあらゆる部分のがんが見みられる。その臓器からの発生や、他のがんからの転移などがある。

人や猫の体には、がんを抑制する遺伝子と、がんを促進させる遺伝子が存在していますが、この遺伝子に異常が起こると、細胞の分裂に異常を来たし、がん化した細胞がどんどん増殖します。

腫瘍には良性のものと悪性のものがあり、この悪性腫瘍が「がん」です。良性腫瘍は細胞が異常に増えても、発生する場所は限られていて転移はしませんが、悪性腫瘍の場合はがん化した細胞がどんどん増殖し続け、他の組織へ転移することもあります。

近年、猫のがんは増えていると言われています。がんは細胞が老化すると起こりやすくなるため、猫の高齢化が進んだことが理由の一つです。また、猫がより身近な存在になり、スキンシップを深める時間が増えたことで異常に気づきやすくなったこと、検査・診断技術の進歩により、がんをきちんと診断できるようになったことなども、増えた理由です。

商品情報:日清ペットフードの商品のご紹介うちのコお食事バランスチェック:愛猫の食生活をチェックしてみましょう!