愛猫のハッピーLife百科 愛猫のハッピーLife百科
TOP>病気>がん治療
病気 病気

がん治療

【がんちりょう】

がんの治療の基本は、がん細胞を切除する外科手術。早期に発見して小さいうちにがんに侵された部分を摘出すれば、再発や転移を抑えることができる。抗がん剤を使った化学療法や、放射線療法もある。

抗がん剤というと副作用が大変という印象がありますが、今では研究がかなり進んでいます。人間の化学療法では、複数の抗がん剤を組み合わせることで、それぞれの薬の副作用を分散させつつ、がん細胞の増殖を抑える「カクテル療法」が主流になってきていますが、ペットの治療でもその方法が取り入れられています。

さらに、大学病院などでは、放射線療法も導入されています。放射線療法のメリットは、手術では取りきれない部分のがん細胞を死滅させられることですが、患部に確実に放射線を当てなければならないので、ペットの場合は治療のたびに動かないように麻酔をかけなければならないというリスクがあります。

これらのいくつかの治療法を併用することもあります。

末期がんには、人と同様にモルヒネなどを使って痛みを緩和する処置も行われます。

商品情報:日清ペットフードの商品のご紹介うちのコお食事バランスチェック:愛猫の食生活をチェックしてみましょう!