愛猫のハッピーLife百科 愛猫のハッピーLife百科
TOP>病気>扁平上皮がん
病気 病気

扁平上皮がん

【へんぺいじょうひがん】

皮膚や粘膜をつくる扁平上皮細胞から発生する腫瘍。耳の周り、鼻、まぶた、顔面、口腔などに発生する。しこりではなくただれや潰瘍として現れる。白い猫に多く見られ、悪性の場合が多い。

皮膚にできる扁平上皮がんは、日光の紫外線に長い時間浴び続けることが原因とされます。特に白い猫は有害な紫外線から体を守るメラニン色素が少ないため、かかりやすいようです。

はじめは小さな潰瘍ができ、なかなか治らぬまま拡大していきます。猫も気にしてかきむしり、潰瘍がひどくなっていきます。

また、とくにやっかいなのは、扁平上皮がんや悪性黒色腫が口の中にできた場合です。皮膚の表面と違って、口の中はじっくりと見る機会が少ないので、腫瘍ができていても気づかずに、かなり大きくなってから発見されることが多いのです。また、口の中にできたときは悪性になりやすく、がん細胞を吸い込むために肺などへの転移のリスクが高くなります。

基本的な治療法は、潰瘍のできている部分を切除することです。放射線療法なども行われます。

商品情報:日清ペットフードの商品のご紹介うちのコお食事バランスチェック:愛猫の食生活をチェックしてみましょう!