愛猫のハッピーLife百科 愛猫のハッピーLife百科
TOP>病気>毛球症
病気 病気

毛球症

【もうきゅうしょう】

猫が体を舐めて毛づくろいするときに飲み込んだ毛が胃や腸の中で毛玉になって起こる胃腸炎。特に長毛種がなりやすい。

猫は日頃から舌を使った毛づくろいに余念がありません。猫の舌には細かい突起があり、そこについた毛は飲み込んでいますが、胃の中に入った毛は消化されないために、通常は吐き出したり、排泄されたりします。

しかし、胃の中でかたまって大きな毛玉になってしまうと、なかなか吐き出せずに激しく嘔吐したり、便秘になったりします。さらに大きくかたまりすぎた場合には、手術をして取り出さなければならないこともあります。

日頃のブラッシングで毛球症を予防

毛球症を予防するためには、こまめにブラッシングをして抜け毛を取り除いたり、毛玉がはき出しやすくなるように猫草を与えたりします。 また毛玉を吐きやすくするキャットフードなども発売されています。

商品情報:日清ペットフードの商品のご紹介うちのコお食事バランスチェック:愛猫の食生活をチェックしてみましょう!