愛猫のハッピーLife百科 愛猫のハッピーLife百科
TOP>病気>猫伝染性腹膜炎
病気 病気

猫伝染性腹膜炎

【ねこでんせんせいふくまくえん】

猫コロナウイルスによって感染する病気。腹水や胸水がたまるウェットタイプと、水がたまらないドライタイプがある。

猫のコロナウイルスには、腸炎などを起こす腸コロナウイルスと、伝染性腹膜炎ウイルスの2つがあります。

伝染性腹膜炎ウイルスの感染ルートは接触感染や親子感染で、発病している猫の唾液や鼻汁、便や尿などに直接的あるいは間接的に触れることで感染します。

症状には、腹水や胸水がたまってお腹がふくれるウェットタイプと、水がたまらないドライタイプがありますが、多いのはウェットタイプです。ドライタイプでは、リンパ節に肉腫ができたり、神経症状が現れることがありますが、見た目にはよくわかりません。どちらのタイプも初期症状では、発熱と下痢が起こり、食欲があるのにやせていきます。

猫免疫不全ウイルス感染症や猫白血病ウイルス感染症と同じように、感染してから発病するまでは比較的ゆるやかに経過し、感染していてもずっと「キャリア」で発病しないこともありますが、ひとたび発病すればほとんどが死亡します。

商品情報:日清ペットフードの商品のご紹介うちのコお食事バランスチェック:愛猫の食生活をチェックしてみましょう!