愛猫のハッピーLife百科 愛猫のハッピーLife百科
TOP>病気>猫の感染症
病気 病気

猫の感染症

【ねこのかんせんしょう】

ウイルスや細菌などによって起こる猫の感染症。ワクチン接種で予防できるものと、ワクチンがなく予防が困難なものもある。

現在、ワクチンで予防できる猫の病気は、「猫ウイルス性鼻気管炎」「猫カリシウイルス感染症」「猫汎白血球減少症」「猫白血病ウイルス感染症」「クラミジア感染症」の5種類です。ワクチンで予防できない主なものに、「猫免疫不全ウイルス感染症(猫エイズ)」と「猫伝染性腹膜炎」があります。

このうち、猫がかかると特にやっかいなのが、「猫免疫不全ウイルス感染症」「猫白血病ウイルス感染症」「猫伝染性腹膜炎」の、3つのウイルス性感染症です。これらは一度感染するとウイルスは一生、体の中から消えません。症状がまったく出ないこともあれば、数年経ってから突然発病することもあります。

そして、ひとたび発病すれば完治することはなく、死に至る可能性が高いのがこの3つの病気の共通点です。

万全な健康管理で、他の病気との併発を防ぐ

どの病気も発病したら死に至る可能性は高くなりますが、発病せずに「キャリア」として長生きしている猫もいますので、あまり悲観することはありません。まずは「猫免疫不全ウイルス感染症」や「猫白血病ウイルス感染症」など、簡単に検査できるものは、感染の有無を調べておきましょう。

また、他の病気との併発が命取りとなるので、健康管理をしっかり行い、こまめに健康診断を受け、ワクチンなどで予防できる病気は予防して、とにかく他の病気にかからないように、体調を万全に整えることが何より大切です。

また、ストレスは免疫力の低下を招くので大敵。強いストレスがかかれば、それまで潜んでいたウイルスが暴れ出す可能性も高まるので、猫になるべくストレスがかからないように配慮しましょう。

多頭飼育では感染を広げないようしっかり管理を

感染がわかったら、発病の有無にかかわらず、その猫を外に出さないことが基本。これは、感染猫を他の感染症から守ることはもちろん、他の猫にうつさないためにもとても重要です。

また、多頭飼育の場合は、他の猫に感染が広がらないような対策が必要です。3つの病気ともウイルス自体は弱いので、アルコール消毒で十分です。

ケージに入れて接触をなるべく避ける、食器やトイレは分ける、感染猫に触ったら、手を洗ってから他の猫に触るなどの配慮は欠かせません。他の猫の健康管理ももちろん大切です。

感染猫との接触を避けるために部屋を完全に分けられれば理想的ですが、住宅事情からなかなか実現できないこともあるでしょう。また、隔離すればその猫のストレスは高まる可能性もあります。神経質になりすぎずに、動物病院とも相談して、家庭環境にあった方法で、柔軟に対応するほうが現実的かもしれません。 

感染症はどうしたらうつるか、何をすればうつらないかを正しく知っていれば、必要以上に恐れることはありません。

商品情報:日清ペットフードの商品のご紹介うちのコお食事バランスチェック:愛猫の食生活をチェックしてみましょう!