愛猫のハッピーLife百科 愛猫のハッピーLife百科
TOP>病気>精巣腫瘍
病気 病気

精巣腫瘍

【せいそうしゅよう】

睾丸(精巣)にできる腫瘍。去勢をしていない中高齢の猫でごくまれにみられるが、犬ほど多くはない。

陰睾の場合はとくに注意

通常、睾丸は外から見える臓器なので、異常は早期に発見できます。また、手術によって睾丸を摘出してしまえば、比較的簡単に治療できます。

  けれども、本来、陰嚢の中に収まっているはずの睾丸が正常な位置に降りず、腹腔内(お腹の中)やそけい部の皮下にとどまったままになっている、停留精巣(陰睾)の場合は要注意です。腹腔内は体温が高いので、細胞分裂も活発となって腫瘍化しやすくなります。お腹の中なので腫瘍が相当大きくなるまで気づかないことが多く、悪性の場合は命を落とすこともあります。

陰睾の精巣には生殖能力がありません。片方だけが陰睾の場合、生殖能力はありますが、陰睾は遺伝するので繁殖は避けるべきです。腫瘍化のリスクを考えると、陰睾は早めに摘出手術を受けることをおすすめします。

商品情報:日清ペットフードの商品のご紹介うちのコお食事バランスチェック:愛猫の食生活をチェックしてみましょう!