愛猫のハッピーLife百科 愛猫のハッピーLife百科
TOP>病気>子宮蓄膿症
病気 病気

子宮蓄膿症

【しきゅうちくのうしょう】

細菌感染によって子宮の中に膿がたまる、メスの代表的な生殖器の病気。避妊手術をしていなくて、出産経験がないもしくは少ない8歳以上の猫に多く起こる。

原因は大腸菌やブドウ球菌などによる細菌感染ですが、発情周期に伴って分泌される女性ホルモンの一つ、黄体ホルモン(プロゲステロン)が大きく関わっていると言われています。妊娠の準備をするために分泌される黄体ホルモンが出ている時期は精子を受け入れやすくなるように免疫機能が低下するので、細菌にも感染しやすくなってしまうのです。

出産経験がないとホルモンバランスが悪くなりますし、高齢になると免疫機能が低下してくるので、細菌に感染するリスクもさらに高まります。けれども、猫の場合は交尾の刺激によって排卵が起こる動物なので、交尾しなければ黄体ホルモンも分泌されないため、猫の子宮蓄膿症は犬ほど多くはありません。

発情後の多飲多尿は要注意

典型的な初期症状は水をたくさん飲み、尿の量が増えることです。そのうち、子宮に膿がたまってお腹がだんだんふくれてきます。

症状が進めば、元気がなくなる、嘔吐や下痢が見られ、さらにひどくなれば、膿がお腹の中に漏れだして、腎不全や多臓器不全になったり、子宮が破裂して死に至ることもあります。

子宮蓄膿症のタイプには大きく分けて、陰部から大量に膿のようなおりものが出てくる「開放型」と、おりものが出てこない「閉鎖型」があります。閉鎖型の場合は、膿が外に出ないので知らないうちに子宮内にどんどんたまり、気づいた頃には手遅れになっているケースがよくみられます。

治療は一般的に、子宮と卵巣の摘出手術が行われます。子宮蓄膿症は手遅れになれば死亡率が高くなる病気ですが、早期のうちに摘出手術をして治療すれば完治する病気です。今後、出産の計画があって子宮を残したい場合は、手術をせずに抗生物質で炎症を抑え、ホルモン剤で子宮を開いて膿を出させる治療をすることもありますが、再発率が高いのであまり効果的な治療法ではありません。

最大の予防法は避妊手術

子宮蓄膿症は避妊手術していなくても定期的に妊娠・出産していれば発生率は低くなりますが、子どもを作る予定がなければ、愛猫の健康のためにも避妊手術をすることが最大の予防になります。

商品情報:日清ペットフードの商品のご紹介うちのコお食事バランスチェック:愛猫の食生活をチェックしてみましょう!