愛猫のハッピーLife百科 愛猫のハッピーLife百科
TOP>病気>歯周病
病気 病気

歯周病

【ししゅうびょう】

歯と歯茎の間に入り込んで増殖した細菌によって歯茎が炎症を起こし、歯を支える歯槽骨が破壊されていく病気。原因は歯垢や歯石のほか、ネコエイズやネコ白血病ウイルス感染症によっても起こる。

デンタルケアをしていない歯には、まず粘着質の歯垢がつき、それが3日くらいで歯石に変わると言われています。そのまま放置すれば、歯の表面が硬い歯石で覆われ、そこに細菌が繁殖して口臭の元になり、よだれも出るようになり、痛みで食欲も低下します。さらに歯と歯茎のせまいすき間で細菌が増殖すれば入れば歯周病になり、やがて根元が腐って歯が抜けます。

また、猫では口内炎と同様に「ネコエイズ」「ネコ白血病ウイルス感染症」などの感染症によっても起こります。免疫が著しく低下するために、歯周病ができやすいうえに治りにくくなります。このケースでは、こまめに歯石除去を行ったり、薬を使ってコントロールしたりしますが、完全に治すことは困難です。

歯石をつきにくくする歯磨き

歯石を予防するためには、家庭での日頃の歯磨きが大切。歯磨きをしていれば、歯石の付着を遅らせることができます。次のような手順で少しずつ始め、歯を磨く習慣をつけましょう。

1.顔や口の周りを触って嫌がらないようにしておくことが基本。
いきなり歯磨きをしようとしても、たいていの猫は嫌がってうまくいきません。

2.口の周りを触れるようになったら、くちびるをめくることに慣らします。

3.猫の歯石はおもに歯の表面につくので、ガーゼを指に巻いて少し濡らし、歯の表面を軽くこすります。
慣れてきたら歯ブラシでもよいですが、ガーゼでケアしたほうが、歯石のつき具合などが指の感覚でよくわかります。ペット用の歯磨き剤も市販されています。

歯磨きは毎日できれば理想的ですが、歯垢が3日で歯石になることを考えれば、週に2〜3回確実にできればよいでしょう。すでに歯石がついている場合は、動物病院で歯石をとってもらってからケアを始めるのが効果的。家庭での歯磨きと動物病院での定期的な歯石除去を行えば、愛猫の歯の健康を一生維持することができます。

商品情報:日清ペットフードの商品のご紹介うちのコお食事バランスチェック:愛猫の食生活をチェックしてみましょう!