愛猫のハッピーLife百科 愛猫のハッピーLife百科
TOP>病気>トキソプラズマ感染症
病気 病気

トキソプラズマ感染症

【ときそぷらずまかんせんしょう】

トキソプラズマという原虫によって感染するズーノーシス。さまざまな動物に感染するが、猫だけが感染源となる虫卵を糞便の中に排出する。猫では無症状だが、人ではごくまれに症状が出ることがある。

人へは、猫の糞便や豚や鶏などの生肉の中に含まれるトキソプラズマの虫卵が、口から体内に入ることで感染します。しかし、室内飼育が増えたことで猫の感染率もぐっと下がり、今ではせいぜい1〜2%以下と言われていて、人への感染は猫よりも生肉からのほうが多いと言われています。

成人の約3割は感染歴があって無症状

猫が感染してもほとんど無症状で、人でも健康ならば無症状か、リンパ節が腫れる程度。気づかぬうちに感染していることも多く、成人の約30%は感染歴があり、すでに抗体をもっているとされます。

感染歴のない人が、妊娠初期に初めて感染すると、流産したり、新生児に重い症状が出たりすることがごくまれにあるので、この情報だけがクローズアップされ、かつては「妊婦は猫と暮らしてはいけない」と言われたこともありました。

けれども、必要以上におそれることはありません。感染したことがあるかどうかは、猫も人も抗体検査をすればわかります。人も猫も陽性ならば、過去にすでに感染して免疫ができているので心配ありません。

また、猫がトキソプラズマの虫卵を糞便中に出すのは、感染後の1〜3週間の期間だけなので、その時期を過ぎていれば、猫からうつる心配はほとんどありません。猫が感染していたとしても、猫に駆虫薬を飲ませれば治療できます。

妊娠初期で人も猫も陰性の場合は、感染予防のために猫のトイレの処理に気をつける、生肉を食べない、生肉を扱った包丁やまな板はしっかり洗うなど、注意をすれば大丈夫です。

商品情報:日清ペットフードの商品のご紹介うちのコお食事バランスチェック:愛猫の食生活をチェックしてみましょう!