愛猫のハッピーLife百科 愛猫のハッピーLife百科
TOP>病気>糖尿病
病気 病気

糖尿病

【とうにょうびょう】

血液中に含まれているブドウ糖の割合(血糖値)が異常に高くなり、尿の中に漏れ出すようになる病気。生活習慣や遺伝、体質などが関与していると考えられる。猫の糖尿病は近年増加傾向にある。

体の中に食べ物から取り入れられた糖分は、分解されてブドウ糖となり、腸管で消化吸収されて血糖として血液中に入り、全身に行きわたります。このとき、膵臓から分泌されるホルモン、「インスリン」の働きによって細胞に取り込まれて、エネルギーとして利用され、余った糖は脂肪細胞に蓄えられます。

食後などは誰でも血糖値が高くなりますが、インスリンの分泌によって血糖値は一定のレベルにコントロールされています。けれども、インスリンの分泌が少なかったり、働きが悪かったり、細胞がインスリンをうまく受け取れなくなったりすると、慢性的に血糖値が高い状態が続いて、全身にさまざまな障害が現れます。これが糖尿病です。

多飲多尿、異常な食欲に要注意

インスリンが正常に働かなくなる原因には、遺伝、自己免疫疾患や膵臓の病気、環境などの関与が考えられます。

糖尿病の代表的な初期症状は、多飲多尿です。細胞が糖分をうまく利用できず、血液中にたまってしまった糖分が尿の中にどんどん排出されるため尿の量が増え、体が脱水気味になって水をがぶ飲みするようになるのです。

また、急にガツガツと食欲が増すのも要注意。血液中に糖がたくさんあっても細胞に取り込まれないのでエネルギー不足になり、つねに空腹感があって食欲が旺盛になりますが、たくさん食べるにも関わらずどんどんやせていきます。

初期の段階では、太っていて食欲もあり、一見問題なさそうに思えるかもしれませんが、体の中ではじわじわと糖尿病が進行しているという場合もあります。一度発症すると完治は難しく、一生治療を続けてコントロールしなければなりません。

さまざまな合併症の危険もある

糖尿病では、糖をエネルギーとしてうまく利用できなくなるため、代わりに脂肪細胞をエネルギーとして利用するようになります。このとき、細胞は脂肪をケトンまたはケトン体という物質に分解しますが、この物質が血液中に増えすぎると体に害を及ぼし、「糖尿病性ケトアシドーシス」という、とても危険な状態になることもあります。

脱水症状、下痢や嘔吐などの症状が現れたり、ひどい場合は昏睡状態に陥って死亡する場合もあるので、緊急に治療を受ける必要があります。重度の糖尿病性ケトアシドーシスの場合、猫の体からマニキュアの除光液のようなにおい(アセトン臭)がするのが特徴です。

また病状が進行すると、白内障や網膜症、歯周病、糸球体硬化症(腎臓病)などさまざまな合併症が起こります。

治療の基本は毎日のインスリン

糖尿病だと診断されたら、早めに治療を開始して、合併症などを防ぐことが大切です。

糖尿病は、注射などによってインスリンを補給する必要がある「インスリン依存型」と、インスリンの補給を必要としない「非インスリン依存型」の2つに大きく分けられます。猫ではほとんどの場合、インスリンの投与が必要となります。はじめは非インスリン依存型でも、高血糖に気づかずに進行し、結果的にインスリンの投与が必要になるケースも少なくありません。

補給するインスリンは、少なすぎれば効果がなく、多すぎれば逆に低血糖症になってしまうので、個々の症状に合った量を決めることが大切です。動物病院で1日の血糖値の変化のパターンをしっかり検査して確定診断を行い、正確にインスリンの量を設定してもらう必要があります。

基本的な治療としては、毎日一定量のインスリンを注射によって補給し、血糖値を一定レベルになるようにコントロールします。

また、糖尿病は食べ物として取り入れた糖を体内でうまく代謝できない病気ですから、「食事管理」はとても大切です。一日の摂取カロリー量を制限し、急激に血糖が上がることがないようにします。糖尿病用の処方食もあります。

肥満は糖尿病予備軍

猫の糖尿病には、生活習慣や遺伝、体質なども関係していると考えられていますが、さらに過食や運動不足などの生活習慣が加わって肥満になると、糖尿病にかかるリスクがぐっと高まります。ですから、肥満の予防や改善は、糖尿病を予防するためにはとても重要です。

糖尿病かどうかの診断は、血液中の血糖と、尿の中の尿糖などを検査して行います。糖尿病は持続的に血糖値が高くなる病気ですが、初期の高血糖症の段階で治療を開始すれば、重症にならずに済むこともあります。早期発見のためにも、定期的に健康診断を受けましょう。

商品情報:日清ペットフードの商品のご紹介うちのコお食事バランスチェック:愛猫の食生活をチェックしてみましょう!