愛犬のハッピーLife百科 愛犬のハッピーLife百科
TOP>健康管理>予防接種
健康管理 健康管理

予防接種

【よぼうせっしゅ】

感染症を予防するために、ワクチンなどを注射または経口などで体内に入れること。ワクチンによって病原体に対する抗体を作り、免疫力をつける。

現在、ワクチンで予防できる病気には、「狂犬病」「犬ジステンパー」「パルボウイルス感染症」「犬アデノウイルス1型(伝染性肝炎)」「犬アデノウイルス2型感染症」「犬パラインフルエンザ」「レプトスピラ感染症」「犬コロナウイルス病」があります。ワクチンを接種していてもまれに感染することはありますが、その場合も症状は軽くてすみます。

このうち、狂犬病は、狂犬病予防法によって、すべての犬への接種(年1回)が義務づけられています

ワクチンを受ける時期

ワクチン接種で予防できる病気は、感染すると命にかかわる可能性のある怖ろしい病気ばかりですから、しっかりと予防することをおすすめします。完全室内飼育でも散歩などで外に出れば感染する危険性はありますから、ワクチン接種は受けましょう。

子犬は母親からの初乳によって母親の免疫を一時的に譲り受けます(移行抗体)が、徐々に効力がなくなります。移行抗体が切れた時期が一番感染症にかかりやすくて危険な時期なので、この頃にワクチンを打って、新たに免疫を作る必要があります。

通常は生後2〜4カ月頃の間に、2〜3回ワクチン接種を行います。また、ワクチンによって作られた免疫の効果は一生続くわけではありませんので、年1回くらいの割合で定期的にワクチン接種をして、免疫を継続させます。

混合ワクチンの種類

狂犬病のワクチンは単独で予防注射を行いますが、その他の感染症については一度の注射で複数の病気を予防できる混合ワクチンがあります。ワクチンの種類や組み合わせについては、獣医師に相談してください。

<混合ワクチンの例>

  • 2種混合/犬ジステンパー、パルボウイルス感染症
  • 3種混合/犬ジステンパー、犬アデノウイルス1型(犬伝染性肝炎)、犬アデノウイルス2型感染症
  • 5種混合/犬ジステンパー、犬アデノウイルス1型(犬伝染性肝炎)、犬アデノウイルス2型感染症、犬パラインフルエンザ、パルボウイルス感染症
  • 6種混合/犬ジステンパー、犬アデノウイルス1型(犬伝染性肝炎)、犬アデノウイルス2型感染症、犬パラインフルエンザ、パルボウイルス感染症、犬コロナウイルス感染症
  • 7種混合/犬ジステンパー、犬アデノウイルス1型(犬伝染性肝炎)、犬アデノウイルス2型感染症、犬パラインフルエンザ、パルボウイルス感染症、レプトスピラ症2種(カニコーラ型、黄疸出血型)
  • 8種混合/犬ジステンパー、犬アデノウイルス1型(犬伝染性肝炎)、犬アデノウイルス2型感染症、犬パラインフルエンザ、パルボウイルス感染症、犬コロナウイルス感染症、レプトスピラ症2種(カニコーラ型、黄疸出血型)
  • 9種混合/犬ジステンパー、犬アデノウイルス1型(犬伝染性肝炎)、犬アデノウイルス2型感染症、犬パラインフルエンザ、パルボウイルス感染症、犬コロナウイルス感染症、レプトスピラ症3種(カニコーラ型、黄疸出血型、ヘブドマディス型)
商品情報:日清ペットフードの商品のご紹介うちのコお食事バランスチェック:愛犬の食生活をチェックしてみましょう!