愛犬のハッピーLife百科 愛犬のハッピーLife百科
TOP>高齢犬>犬の認知症
高齢犬 高齢犬

犬の認知症

【いぬのにんちしょう】

脳の老化などによって、脳が萎縮して脳神経細胞が正常に働かなくなり、認知障害などが起こること。これまでできていたことができなくなったり、異常な行動をとるようになったりする。

犬でも長寿化に伴って、認知症を発症するケースが増えています。すべての犬が痴呆になるわけではありませんが、一般的には13歳を過ぎたころから痴呆特有の症状が目立ってくると言われています。

洋犬の痴呆は比較的少なく、なぜか柴犬や日本犬系の雑種に多くみられますが、はっきりとした原因はまだよくわかっていません。

認知症のおもな症状

□狭いところに入りたがるが、前進ばかりで後退できない。
□同じ場所をグルグル円を描くように旋回する。
□飼い主の顔や自分の名前がわからなくなり、何事にも無反応。
□昼夜が逆転し、昼間は寝ていて夜中に起き出す。
□夜中に単調な大声で鳴き、飼い主が何をしても鳴き止まない。
□トイレの失敗が多くなる。
□たくさん食べるのに、下痢もせずやせてくる。 など

症状は少しずつ現れますが、放っておけば日ごとにどんどんひどくなっていき、異常な行動をとるようになります。特に夜鳴きは深刻で、飼い主が不眠になったり、近隣トラブルの原因になったりなど、世話をする飼い主も神経をすり減らしてしまうことがよくあります。

現在では、認知症の症状を改善する薬もあるので、様子がおかしいと思ったら早めに動物病院で相談し、重症になる前に治療を受けましょう。

認知症の予防対策

犬も人と同様に、楽しみや刺激の少ない単調な生活をしていると老化が早いと言われています。犬の楽しみとは、食事、散歩、遊び、飼い主とのスキンシップなどです。愛犬と積極的に遊んだり声をかけたりして、コミュニケーションの機会を作り、心と体に刺激を与えましょう。

また、最近では「脳によく効く」といわれるDHAやEPAなどを配合したドッグフードやサプリメントなども市販されているので、利用してみるのも一案です。そのほかにも、8〜10歳になったら週3〜4回くらい魚を与えることで、認知症の予防や進行を遅らせることが可能になるとも言われています。

商品情報:日清ペットフードの商品のご紹介うちのコお食事バランスチェック:愛犬の食生活をチェックしてみましょう!