愛犬のハッピーLife百科 愛犬のハッピーLife百科
TOP>病気>乳歯遺残
病気 病気

乳歯遺残

【にゅうしいざん】

永久歯が生えてきているのに、乳歯が抜けきらずに残っている状態。小型犬に多く見られる。

犬も人間と同様に、乳歯から永久歯に生え替わります。犬の歯の数は、乳歯が28本、永久歯が42本です。犬では通常、生後3カ月くらいから乳歯が抜けて永久歯が生え始め、7カ月くらいまでにはすべて生え替わります。けれども、小型犬では、永久歯が生えてきているのに乳歯が抜けきらずに残ってしまうことがあります。

乳歯遺残はさまざまなトラブルのもと

乳歯遺残が起こりやすいのは犬歯です。乳歯が抜けずにいつまでも残っていると、それがじゃまをして永久歯が正しい位置に生えずに咬み合わせが悪くなり、歯石もつきやすくなります。特に下の犬歯の乳歯が残ると、正常ではない位置に生えた永久歯が上あごの内側(硬口蓋)に当たって、炎症を起こしたり穴が開いたりすることがあります。

口の中をこまめにチェックし、永久歯の犬歯が半分以上生えてきたのに乳歯が残っているときは様子をみて乳歯を抜くなどの処置をしてもらいましょう。病院によっては、正常でない位置に生えた永久歯を本来の位置に戻す歯列矯正を行っている場合もあります。

口の中に痛みがあれば、犬もイライラしたり、顔を触られたくなくて噛みついたりすることもあるでしょう。実際に、「噛みつき犬」「性格が悪い犬」と思われていた犬が、乳歯遺残の治療をして痛みがなくなったとたん、性格もおだやかになったという例もあります。

商品情報:日清ペットフードの商品のご紹介うちのコお食事バランスチェック:愛犬の食生活をチェックしてみましょう!