愛犬のハッピーLife百科 愛犬のハッピーLife百科
TOP>病気>歯周病
病気 病気

歯周病

【ししゅうびょう】

歯と歯茎の間に入り込んで増殖した細菌によって歯茎が炎症を起こし、歯を支える歯槽骨が破壊されていく病気。歯にたまった歯垢や歯石が主な原因。

歯と歯茎の間に入り込んで増殖した細菌によって歯茎が炎症を起こし、歯を支える歯槽骨が破壊されていく病気。歯にたまった歯垢や歯石が主な原因。

デンタルケアをしていなければ、まず粘着質の歯垢がつき、それが3日くらいで歯石に変わると言われています。そのまま放置すれば、歯の表面が硬い歯石で覆われ、そこに細菌が繁殖して口臭の元になります。さらに歯と歯茎のせまいすき間で細菌が増殖すれば歯周病になり、やがて根元が腐って歯が抜けます。

アメリカの獣医歯科学会の発表では、3歳以上の犬の80%はなんらかの歯のトラブルを抱えていると言われています。

愛犬の歯磨きをする習慣がなければ、口の中の異変には気づきにくいもの。ひどい口臭がするようになって病院に行く頃には症状がかなり進んで、歯をたくさん抜かなければならないこともよくあります。

歯石をつきにくくする歯磨き

歯周病を予防するには、動物病院と連携して、定期的なデンタルケアで歯石を予防し、歯の健康を保つことが大切です。

家庭では日頃から歯磨きを習慣化するのがベターです。歯磨きをしていれば、歯石の付着を遅らせることができます。次のような手順で少しずつ歯磨きにならしていきましょう。

1.顔や口の周りを触って嫌がらないようにしておくことが基本。
いきなり歯磨きをしようとしても、たいていの犬は嫌がってうまくいきません。

2.口の周りを触れるようになったら、くちびるをめくられることに慣らします。

3.犬の歯石はおもに歯の表面につくので、ガーゼを指に巻いて少し濡らし、歯の表面を軽くこすります。
慣れてきたら歯ブラシでもよいですが、ガーゼのほうが歯石のつき具合などが指先で感じ取ることができます。

大型犬の場合は、ガーゼで拭いていると時間もかかるので、濡らした布の手袋ではめて口の中をこする方法がおすすめです。バケツに水を入れ、手袋を濡らしながらじゃぶじゃぶ洗ってあげれば、口の中のぬめりや食べかすもよく落ちますし、犬も遊んでいる感覚で喜びます。

歯磨きは毎日できれば理想的ですが、歯垢が3日で歯石になることを考えれば、週に2〜3回確実にできればよいでしょう。すでに歯石がついている場合は、動物病院で歯石をとってもらってからケアを始めるのが効果的。家庭での歯磨きと動物病院での定期的な歯石除去を行えば、愛犬の歯の健康を一生維持することができます。

商品情報:日清ペットフードの商品のご紹介うちのコお食事バランスチェック:愛犬の食生活をチェックしてみましょう!