愛猫との暮らしサポートQ&A

健康管理生活
Q

「猫はコタツで丸くなる」と歌われるように、猫は寒がりだと思うのですが、寒がっているかどうかはどこでわかるのでしょうか?

A

猫は寒さをがまんしません。寒かったら丸まって寝たり、温かい場所を探したりして、自分で寒さ対策をします。震えているときは、体調が悪い恐れがあるので要注意です。

確かに、猫の祖先は温かいエジプトの砂漠地帯なので、寒さは得意ではありません。けれども、猫は何事にもがまんしない動物ですから、寒ければ寒くなくなる方法を考えて行動します。暑いときは長く伸びたりお腹を出したりして眠りますが、寒くなってくると背中を丸め、頭と手足をくっつけて、丸くなって眠って体温が逃げるのを防ぎます。また、温もりを求めて人のひざの上に乗ってきたり、物陰にもぐり込んだりします。このように、猫は自分で寒くないように対策をとるので、寒い場所にずっといてブルブル震えているようなこともあまりありません。もし、猫が震えているようならば、体温の低下や衰弱、けいれんなど、体調の異常も考えられますので、動物病院に相談してください。

愛猫との暮らしサポートQ&Aトップへもどる

商品情報:日清ペットフードの商品のご紹介うちのコお食事バランスチェック:愛猫の食生活をチェックしてみましょう!