愛猫との暮らしサポートQ&A

キャットフードの保管食事
Q

わが家ではドライのキャットフードを「置きえさ」にして、猫が好きなときに食べられるようにしています。ドライフードはどのくらい出しっぱなしにしても大丈夫ですか?

A

時間がたつとドライフードの持ち味である香りが抜けてしまうので、できれば1時間くらいを目安にしてください。

ドライフードの利点の一つに、長期間保管できることがあげられます。けれども、これは、直射日光を避け、密閉容器に入れた場合です。フードボウルに出して空気に触れれば、少しずつ劣化が始まります。特に、出したてのドライフードからは、猫の食欲をそそるおいしい香りがしていますが、時間がたてば香りがどんどん抜けてしまいますし、湿気を含めばカリカリの食感も損なわれるので、猫の興味も半減してしまいます。
しばらく出しっぱなしにしておいても、ウェットフードほど見た目の劣化はありませんが、猫が口をつけて残したものならば、唾液などから雑菌が繁殖することもあります。香りのよいうちに食べてもらうためにも、出しっぱなしの時間は1時間くらいを目安にしてください。
もし、ドライフードを「置きえさ」にする場合は、一度にどっさり出して、1日中、出しっぱなしにするのではなく、少量ずつ出して、何度か取り換えるようにしましょう。

愛猫との暮らしサポートQ&Aトップへもどる

商品情報:日清ペットフードの商品のご紹介うちのコお食事バランスチェック:愛猫の食生活をチェックしてみましょう!