愛猫との暮らしサポートQ&A

キャットフードの保管食事
Q

キャットフードをときどき買いだめします。賞味期限内には食べ切るようにしていますが、キャットフードが傷んで悪くなった場合、どうなるのでしょうか?

A

開封後、ドライフードはカビや害虫に注意。ウェットフードは、色やニオイの変化に注意してください。

ドライフードは水分が少ないので、悪くなっても見た目はさほど変わりませんが、ニオイや味が落ちてきます。ドライフードの大敵は、「湿気」と「穀物害虫」です。湿気が多くなれば、カビが生えることもあります。また、原料に小麦粉やとうもろこしなどの穀類を多く含んでいるので、家庭の米や小麦粉などにも発生する穀物害虫がつきやすくなります。
ウェットフードは水分が多いため、開封して空気に触れれば酸化して、ニオイや色が変わってきます。時間の経過とともに腐ったり、雑菌が繁殖したりすることもあります。
未開封の状態であれば、キャットフードの賞味期限は、ドライフードは約1年半、ウェットフードの缶詰で3年、レトルトパックで2年です。賞味期限を過ぎるとすぐに中のフードが悪くなるわけではありませんが、ネコちゃんにおいしく食べていただくためにも、賞味期限内には使い切るようにしましょう。
また、未開封でも保存状態が悪ければ、傷んでしまうこともあります。キャットフードは、直射日光を避け、湿度や温度の変化の少ない場所で保管してください。

愛猫との暮らしサポートQ&Aトップへもどる

商品情報:日清ペットフードの商品のご紹介うちのコお食事バランスチェック:愛猫の食生活をチェックしてみましょう!