愛犬との暮らしサポートQ&A

しつけ生活
Q

生後3カ月の子犬をわが家に迎え入れました。まだ小さいからしつけはなんだかかわいそう。いつ頃から始めたらよいですか?

A

子犬の社会化期の時期こそしつけが大切。家族の一員となり、名前をつけたときからしつけは始まるのです。

しつけとは、犬が人と暮らしていくためのルールを学んでいくことです。「子犬だからまだいい」というものではなく、家族の一員として迎え入れて、名前をつけたときからしつけを始めるべきです。特に社会化期と呼ばれる生後3〜12週間の頃はさまざまなことに慣らすためにとても大切な時期。社会化期にいろいろな経験をしていないと、成犬になったときに困った行動をすることもありますし、犬も人間社会になじめずに毎日ストレスを抱えることになります。また、トイレのしつけも子犬の頃から教えていかないと、のちのち苦労することになります。

愛犬との暮らしサポートQ&Aトップへもどる

商品情報:日清ペットフードの商品のご紹介うちのコお食事バランスチェック:愛犬の食生活をチェックしてみましょう!