お客様相談室

よくあるご質問

幼犬用離乳食の作り方(例:ジェーピースタイル 幼犬用離乳食)

幼犬用離乳食は、温湯を混ぜておかゆ状になったものを与えます。「幼犬に与える1日の標準量」を参考に、食べ過ぎて便が柔らかくなりすぎないように注意して与えてください。

1. 付属のスプーンでパウダーをすくいます。

付属のスプーンでパウダーをすくいます。イメージ

分量は、成犬時の標準体重と生後日数により異なります。
パッケージの「幼犬に与える1日の標準量」を参考に、1日分の給与量を3〜4回に分けて与えてください。 ※まとめて作るのではなく、1回に与える分量だけ、その都度作ってください。

幼犬に与える1日の標準量表 *:この時期から、徐々に幼犬用フードに切り替えてください。※上記の表に記載が無い場合は、体重の5%を目安に与えてください。 添付のスプーン:離乳食1杯 = 5g/温湯1杯 = 10g ※表を目安に愛犬の運動量・状態などを考慮して調整してください。

2. 温湯(約35℃)を入れて、混ぜます。

温湯(約35℃)を入れて、混ぜます。イメージ

生後日数によって温湯の分量が異なります。 パウダーと温湯の比率は、パッケージの「幼犬に与える1日の標準量」を参考にしてください 。 ※できあがりのイメージは下記図と写真をご覧ください。

3. 温湯の量でやわらかさを調整して、できあがり。

離乳前期(飲むから舐めるへ)<出来上がりイメージ>やわらかめ 舐めやすいように:液状からペースト状フードへの移行期です。スプーンから垂れるくらいのやわらかさにして徐々に離乳食に慣れさせていきましょう。/離乳後期→幼齢期(舐めるから噛むヘ)<出来上がりイメージ>かため しっかりと噛めるように:ペースト状からドライフードへの移行時期です。スプーンで垂れずにすくえるくらいの硬さにして、顎を使って食べられるように練習をしましょう。
お問い合わせはこちら