愛犬のハッピーLife百科 愛犬のハッピーLife百科
TOP>食事・栄養>ライフステージ別食事の与え方編>妊娠・授乳期
食事・栄養 食事・栄養

妊娠・授乳期

【にんしん・じゅにゅうき】

健康な子犬を出産し育てていくためには、妊娠・授乳中の母犬の食事管理がとても重要です。この時期のメスは、子犬の成長のためにもエネルギーを必要としているため、栄養バランスがよく、エネルギーが十分に摂取できる食事を与える必要があります。妊娠・授乳期用に調整された、高カロリーで消化率の高いフードを利用するのもよいでしょう。これは、子犬用と兼用になっているものもあります。なお、子どもの成長とともに、母親のエネルギー量は徐々に減らしていきます。

妊娠・授乳期の母犬の食事

犬の妊娠期間は約9週間(約63日間)です。通常、犬の胎児は妊娠5週目頃から急速に成長し、8週目にピークを迎えます。5週目頃から毎週15%ずつ食事量を増やしていき、出産時の食事量は妊娠前の60%増しになるように調整します。また、出産後の授乳期には、子犬の頭数によっても異なりますが、母犬は母乳を与えるために、維持期の2倍以上のエネルギー量が必要になります。また、授乳期には、たくさんのカルシウムが母乳のために消費されるため、血中のカルシウムが欠乏して「子癇(全身けいれん)」を起こすことがあります。しかし、カルシウムだけを補給するとかえって子癇を起こす原因にもなるため、予防にはカルシウムとリンのバランスのとれた食事管理が重要です。

商品情報:日清ペットフードの商品のご紹介うちのコお食事バランスチェック:愛犬の食生活をチェックしてみましょう!