愛犬のハッピーLife百科 愛犬のハッピーLife百科
TOP>健康管理>健康チェック
健康管理 健康管理

健康チェック

【けんこうちぇっく】

愛犬の日頃の健康状態をしっかりチェックすること。また、その方法。

犬は具合が悪くても言葉として訴えることはできませんが、不調を表すなんらかのサインが体に現れているものです。病気は予防、早期発見・早期治療が基本ですが、普段の愛犬の様子がわからなければ、異常のサインを見逃してしまうかもしれません。

愛犬に元気で長生きしてもらうためには、日頃からこまめに健康チェックを行うことが大切です。そして、いつもと違うと思ったら、早めに動物病院に相談しましょう。

愛犬のここをしっかりチェック!

<耳>

健康な耳の内側はピンク色で、それほど汚れはありません。黒または茶の耳あか、耳だれ、かゆみ、においなどがあったら要注意。耳先が熱いときは熱がある場合もあります。

<目>

涙や目やにの量、充血、目の周りの腫れはないか、目がしょぼしょぼしていないか、目の色はいつもと同じかなどをしっかりチェック。体の他の部分の不調でも目にサインが現れることがあります。

<鼻>

起きているときは適度に湿っているのが正常。乾いていないか、鼻水や鼻づまりはないか、ひび割れていないかなどをチェック。

<口>

健康な口の中はピンク色です。歯石やよだれや口臭はないか、歯肉や舌が白いまたは赤く腫れていないかなどをチェック。

<お腹>

健康なお腹は適度に引き締まっています。太っていないのにお腹だけがふくれていたり、腫れたりしているときは異常のサイン。

<肛門>

周囲の汚れやただれ、寄生虫がついていないかをしっかりチェック。健康ならば自分でお尻をなめるので肛門のまわりはきれいです。お尻がうんちで汚れているときは、具合が悪くて舐める気力がない可能性も。

<皮膚・被毛>

健康ならば毛づやがよく、皮膚はピンク色で清潔です。毛づや、フケ、皮膚の湿疹やただれがないかなどをチェック。

<行動・しぐさ>

異常な興奮、落ち着きのない態度、よろける、ふるえる、動きが鈍いなど、いつもと違った様子はないかを観察します。

<体温>

平熱はおよそ38〜39℃前後。体温は肛門に体温計を入れて測るのが一般的な方法。シッポを軽く持ち上げ、デジタル体温計をゆっくりと肛門に2〜3cm挿入して測ります。また、耳で計るタイプの体温計もあります。

<心拍数>

1分間に小型犬で60〜120回、大型犬では60〜80回くらい。足のつけ根の内側にある動脈に指を軽く当てて、脈拍数を数えます。

<呼吸数>

1分間に小型犬で20〜30回、大型犬では10〜15回くらい。安静にしているとき、胸が上下に動く回数を数えます。

商品情報:日清ペットフードの商品のご紹介うちのコお食事バランスチェック:愛犬の食生活をチェックしてみましょう!