愛犬のハッピーLife百科 愛犬のハッピーLife百科
TOP>健康管理>夏バテ
健康管理 健康管理

夏バテ

【なつばて】

夏場に、なんとなく元気がなくなったり、普段と同じ食事内容なのに食欲が落ちたり、胃腸の調子が悪くなり、消化不良を起こして下痢や軟便などの症状が現れたりすること。

夏バテは、暑さによって体温や体の中の水分調節がうまくできなくなったり、消化機能が低下したり、気温の変化に自律神経が対応しきれなくなったりすることが原因です。

通常は、犬の体が暑さに慣れてくれば徐々に体調も戻ります。けれども、何日も症状が続く場合や他にも症状がある場合は、夏バテ以外の原因も考えられるので、獣医師に相談してみてください。持病のある犬、高齢犬は特に注意してください。

暑さに負けない!夏バテ対策

<環境>

室内飼育の場合は、通気性をよくしたり、エアコンをかけたりして、涼しい環境を作ります。日中、完全に密閉した部屋に閉じこめておくと、熱中症や熱射病にかかる危険性があるので、留守番させるときは窓を少し開けて風の通り道をつくっておくか、エアコンをかけて出かけるようにします。ただし、冷たい空気は下にたまるため、床の上は思った以上に冷えています。人間が快適と思う温度は犬には冷えすぎのことがあるので、温度設定や風向きには十分注意しましょう。

屋外の場合は、犬舎(犬小屋)を涼しい場所に移動するか、ヨシズを立てかけるなどして日陰を作り、直射日光を避けられるように工夫してください。

<食事>

食欲が落ちているときはすぐに食事内容を変えるのではなく、普段通りの食事で少し様子をみます。特別な食事に変えれば、以前のものを食べなくなってしまったり、食べ慣れない食事を与えると消化不良を起こしたりすることもあるからです。

梅雨時や気温の高いときは食べ物も傷みやすいので、長時間出しっぱなしにせずに食べ残しなどはすみやかに片づけましょう。

また、犬は健康な状態でも、季節によって必要なエネルギー量は多少変化します。冬は体温を維持するためのエネルギー要求量が増し、夏はエネルギー要求量そのものが若干低下します。ある程度食欲が落ちるのは、犬自身が体温を調整するための正常な反応ともいえます。

<新鮮な水>

脱水を予防するために、新鮮な水をたっぷり与え、いつでも飲めるようにしておきます。

<散歩>

日中の炎天下のアスファルトはとても熱くなっています。日中の散歩は犬が足の裏をやけどをすることもありますし、人間より体高の低い犬はアスファルトの照り返しをまともに体に受け、熱中症や熱射病を起こす危険があります。熱射病は命取りにもなりますので、夏場は朝晩の必ず涼しい時間帯を選んで散歩をします。

商品情報:日清ペットフードの商品のご紹介うちのコお食事バランスチェック:愛犬の食生活をチェックしてみましょう!