愛犬のハッピーLife百科 愛犬のハッピーLife百科
TOP>健康管理>体温調節
健康管理 健康管理

体温調節

【たいおんちょうせつ】

恒温動物が、体温を最適な範囲でほぼ一定に調節するための作用。気温が高いときは汗をかいたり呼吸をさかんにしたりして熱を放出し、寒いときは血管を収縮させて放熱を防いだり、筋肉を活動させて(ふるえて)体温を上げたりする。

人は汗をかくことで体温が上がりすぎないように調節していますが、犬は汗腺が足の裏にしかありません。夏場、犬が口を開けて舌を出しハアハアとあえいでいるような呼吸をするのは、バテているからではなく、舌の表面から水分を蒸発させ、そのときに発生する気化熱によって、体の中にたまった熱を外に出し体温を調節しているのです。

しかし、日本の夏は湿気も多いので唾液が蒸発しにくく、体から熱が放散されるのをじゃましています。そのために、体温調節がうまくできずに、夏バテしやすくなります。

とりわけ、パグやシーズー、ペキニーズ、フレンチ・ブルドッグのような短吻種は体温調節がうまくできません。セントバーナードやニューファンドランド、グレート・ピレニーズ、シベリアン・ハスキーなど北方系の犬種も、日本の夏の暑さはかなりこたえるので、十分に注意が必要です。

商品情報:日清ペットフードの商品のご紹介うちのコお食事バランスチェック:愛犬の食生活をチェックしてみましょう!