愛犬のハッピーLife百科 愛犬のハッピーLife百科
TOP>高齢犬>高齢犬の生活環境
高齢犬 高齢犬

高齢犬の生活環境

【こうれいけんのせいかつかんきょう】

老化により、段差の上り下りやトイレなど、これまで問題なくできていた行動が少しずつできなくなったり、寝ている時間が多くなるなど行動の変化も見られたりする場合があるため、年をとっても愛犬が快適に生活できるよう、体の状態に合わせた生活環境を考える。

「段差」を解消する

足腰の筋力が衰えると、ソファやベッドへのジャンプを失敗したり、段差につまずきやすくなったりしますが、高い場所への上り下りは、踏み台やスロープを置くことでフォローできます。踏み台はやわらかすぎても硬すぎても関節に負担がかかるので、足をついても沈まない程度の硬さが適しています。犬の体の前後の幅を考えて奥行きのあるものを用意してください。スロープも滑らないような工夫が必要です。

また、毎日の階段の上り下りも犬の肩に負担がかかります。階段に滑り止めマットを敷くなどの対策を講じるほか、高齢になったら愛犬の生活空間の拠点を1階に移すことなども検討しましょう。

滑りにくくて衛生的な「床材」を

足の踏ん張りがきかなくなるので、床が滑りやすい場合はカーペットを敷くなどの対策を。衛生面のことも考えると、粗相などで汚してしまったとき、部分的にクリーニングできるタイルカーペットやクッションタイルが便利です。

 

室内飼育なら「トイレ」は室内が基本

高齢犬では足腰が立たなくなったり、排尿や排便が近くなったり、自力でコントロールできなくなったりします。排泄を外でさせるようにしていると、介護が必要になったとき、犬が大型であるほど重労働になるので、トイレは室内でできるようにしつけておきます。

それまで外で排泄していた場合、室内トイレに切り替えるのは根気が必要ですが、成犬でも大型犬でも基本的には可能です。

居心地のよい「寝床」をつくる

寝ている時間が長くなったり、自力で歩けなくなったりしたときには、1日の大半を過ごす寝床が居心地のよい場所になるよう工夫します。中型以上の犬ではきちんと寝床を整えないとすぐに褥そう(床ずれ)ができてしまいます。硬すぎれば寝づらいし、やわらかすぎても体が不安定になるので、適度なやわらかさと弾力性が必要です。

アウトドア用のエアーベッドやビーチマットは硬さを調節でき、体圧も偏らないのでおすすめ。その上にシーツやバスタオルを敷きペットシーツを乗せます。清潔に保つためにシーツやタオルはなるべくこまめに取り替えましょう。抱き枕になるようなものを抱かせると足のむくみも抑えられます。

また、ゆっくり眠るには静かな場所のほうがよいだろうと思いがちですが、家族の声が聞こえるほうが犬は安心するので、寝床はリビングなどみんなが集まる部屋に用意しましょう。

「屋外飼育」は環境の見直しを

屋外飼育の場合、気温の変化には特に万全の対策が必要です。冬はハウスを日当たりのよい場所に用意し、冷たい風が入らないよう入口をタオルや毛布でふさぎます。夏は風通しのよい日かげに場所に移動し、直射日光が当たらないようにしてください。

また、リードや鎖につないでいる場合、足にからまったときに自力ではずせなくなったりもたついたりして、思わぬケガをすることも多いので注意が必要です。可能であれば、サークルで囲うか大きめのハウスに入れるなどして、なるべくつながなくてすむ環境を整えるか、愛犬が嫌がらなければ、室内飼育に切り替えることをおすすめします。

商品情報:日清ペットフードの商品のご紹介うちのコお食事バランスチェック:愛犬の食生活をチェックしてみましょう!