愛犬のハッピーLife百科 愛犬のハッピーLife百科
問題行動・しつけ 問題行動・しつけ

拾い食い

【ひろいぐい】

犬が落ちているものをくわえて食べてしまうこと。

散歩中の拾い食いは、愛犬の命を脅かすこともある危険な行動です。食べたものが腐っていたり、毒物が混ざっていたり、農薬や除草剤などがついていたりすることもあるので、絶対に止めさせましょう。

拾い食いしないように、しつけでコントロール

犬が拾った物を口にしたとき、飼い主が慌てて取り出そうとするほど、「せっかく口に入れた食べ物を横取りされては大変!」と、犬は急いで飲み込もうとします。これが繰り返されると、「横取りされる前に早く食べよう」と考え、ますます拾い食いがひどくなることがあります。

拾い食いが習慣化してきたときは、しつけでコントロールできるようにします。散歩中は愛犬から目を離さないようにし、下を向いて自由に地面のニオイを嗅いでいるときは、リードを短めに持ちます。落ちている物に興味を示しそうになったら、リードを上に引いて「いけない」ということを教えます。

また、指示に確実に従うようにすることも重要。普段から、食べ物を与える前に「すわれ」「マテ」「ヨシ」などの指示を出し、飼い主の了解を得なければ勝手に食べてはいけないと理解させます。「ちょうだい」などの号令で口から物を放すことも教えておくとよいでしょう。

家の中ではよくて外ではダメということでは犬が混乱するので、室内の拾い食いも黙認しないようルールを徹底します。

商品情報:日清ペットフードの商品のご紹介うちのコお食事バランスチェック:愛犬の食生活をチェックしてみましょう!