愛犬のハッピーLife百科 愛犬のハッピーLife百科
TOP>問題行動・しつけ>トイレの粗相
問題行動・しつけ 問題行動・しつけ

トイレの粗相

【といれのそそう】

犬が指定されたトイレ以外の場所で排泄すること。トイレの失敗。おもらし。

トイレのしつけができていたにもかかわらず、犬が突然、トイレ以外の場所で排泄するようになった場合は、必ず何かきっかけがあります。

オシッコの場合は、それがマーキングなのかそれ以外の理由で起こる不適切な場所での排泄なのかを見極める必要があります。マーキング以外の粗相では、ストレスや精神的な不安によって起こることが多いようです。引っ越しや部屋の模様替えによる環境の変化、赤ちゃんが生まれた、新しい犬が来たなどの家族の変化、留守番が増えたなどです。

泌尿器系の病気などが原因で頻尿になったり、高齢になって膀胱括約筋がゆるんだりして、トイレに行くのが間に合わない場合もあります。

不安の原因を取り除くことが一番の解決法

まずは原因が何かを突き止めることが大切です。体調をチェックして、健康上の異常があれば治療を優先させます。

不安が原因の場合は不安要因を取り除くことでほとんどの場合は治ります。犬がストレスを抱えているときは、さまざまな兆候が現れています。普段から犬の様子をしっかり観察して、ストレスのサインを見逃さないようにしましょう。愛犬とのスキンシップの時間を増やして、不安やストレスが軽くなるようにしましょう。

粗相をしても絶対に犬を叱らないでください。叱られればますます不安になり、粗相が激しくなることもあります。粗相をしても過剰に反応せずに、冷静に後始末をしてください。においが残ると同じ場所で繰り返すので、しっかりふき取りましょう。

トイレのしつけを再確認しよう

不安が解消されても粗相が改善されないときや、これまでにも何度か粗相をしていたという場合には、本当にトイレのしつけができていたのかどうかを再確認する必要があります。

トイレの場所が変わったことでできなくなったような場合には、犬が完全にはトイレを理解していなかった可能性もあります。その際には、初心にかえって、子犬の頃のようにトイレで排泄したときにたっぷりほめてあげるなどの対処をしてみてください。犬の混乱を防ぐためにも、トイレの場所は不用意に移動させないようにしましょう。

商品情報:日清ペットフードの商品のご紹介うちのコお食事バランスチェック:愛犬の食生活をチェックしてみましょう!