愛犬のハッピーLife百科 愛犬のハッピーLife百科
TOP>問題行動・しつけ>トイレのしつけ
問題行動・しつけ 問題行動・しつけ

トイレのしつけ

【といれのしつけ】

飼い主が指定したトイレスペースで愛犬がつねに排泄できるようにしつけること。

家族の一員として犬と暮らすときのしつけの第一歩ですが、なかなか覚えられない場合も多く、飼い主を悩ませることもあります。

犬の祖先であるオオカミは自分がくつろぐ巣穴と排泄場所を明確に区別していて、巣穴で排泄することはありませんが、裏を返せば巣穴以外ではどこで排泄してもかまわないとも言えます。犬にもこの習性は残っていて、犬にとっては本来、寝床以外のどこで排泄してもかまわないのです。

ペットシーツのある室内のトイレは飼い主の都合で決めた場所。そこ以外で排泄してはいけないということを子犬に理解させるには、飼い主の努力と忍耐と時間が必要です。

トイレに行きたそうなタイミングで誘導

子犬のうちは体の機能もまだ未発達なので排泄の回数が多く、コントロールもうまくできません。子犬にトイレの場所を教えるには、排泄のタイミングに合わせてトイレに誘導することが大切です。排泄したくなると、部屋のいろいろな場所のにおいをかいだり、そわそわして落ち着かなくなったりするので、そうした仕草をしたら、お尻を軽く手で押して歩かせて誘導するか、抱っこしてトイレの場所まで連れて行きます。

寝起き、食後、水を飲んだ後、遊んだ後が排泄のタイミングですので、子犬の様子をしっかりと観察しましょう。

また、粗相したものをティッシュなどで拭き取って、トイレに置いてにおいをつけておくと、子犬が場所を知る手がかりになります。

上手にできたらほめる、失敗しても叱らない

トイレで用を足すことができたら、し終わった瞬間に子犬をたっぷりほめてあげましょう。排泄はお腹がすっきりするので、犬にとっては気持ちのいいことであり、おまけにほめてもらえれば、「トイレでの排泄はいいことだ」と学習します。

また、失敗しても、決して叱らないこと。トイレの場所が覚えられていない子犬は、なぜ叱られているのか理解できません。叱られれば、排泄自体が悪いことだと勘違いして、ますます飼い主に隠れてするようになります。名前を呼んで騒いだり、追いかけたりするのも逆効果。飼い主が騒げば、子犬は注目されたことがうれしくて、かまってもらうためにトイレ以外での排泄を繰り返します。

失敗したときは、子犬に声をかけずににらみつける程度にして、冷静に後始末をしましょう。においが残っていると同じ場所で繰り返すので、しっかりとふき取ります。

商品情報:日清ペットフードの商品のご紹介うちのコお食事バランスチェック:愛犬の食生活をチェックしてみましょう!