愛犬のハッピーLife百科 愛犬のハッピーLife百科
問題行動・しつけ 問題行動・しつけ

うれション

【うれしょん】

犬が喜んだりはしゃいだりしたときに、興奮してオシッコをちびったりもらしたりすることの通称。一般的に子犬に多く見られ、成犬になると治まることが多い。

飼い主が外出から帰ってきたとき、声をかけながら撫でているとき、大好きなお客さんが来たときなどによく起こります。子犬は膀胱の括約筋が未発達なため、興奮するとコントロールがきかずにゆるんで、オシッコが出てしまうのです。

また、母犬が子犬の陰部を舐めて排泄を促す習性の名残だという説もあります。自分はまだ保護を必要とする弱い立場にあり、母犬役の飼い主に服従するのでかまってほしいという気持ちの表れだと言われます。

多くの場合、体の機能が完成し、犬としての自信がもてるようになれば自然に治まります。しかし、内向的でシャイな性格の犬などでは、成犬になってもうれションがなかなか治まらないこともあります。

子犬を興奮させず落ち着かせることが大事

帰宅したときの愛犬のお出迎えはうれしいものです。しかし、ここで「ただいま〜。さびしかったね。ごめんね〜。」などと声をかけると興奮を増長させ、うれションが始まってしまいます。

うれションの一番の解決策は、愛犬を興奮させないこと。少し、寂しいことですが、帰宅したときに犬が玄関先で歓迎して出迎えても、声をかけずに部屋の中に入り、荷物を置いたり、先に着替えをすませたりして、犬が落ち着いてから声をかけます。騒いでも飼い主がかまってくれないと理解すれば愛犬も落ち着き、うれションも治まります。

商品情報:日清ペットフードの商品のご紹介うちのコお食事バランスチェック:愛犬の食生活をチェックしてみましょう!